くろプラ日記

中国製のレンズ。

人形1129

中一光学という会社からレンズターボなるアイテムが売っていたので購入しました。
このレンズターボは優れものだと思うのですが、途中にかましたマウントアダプターでハレーションを起こしてしまいました。
カメラのサイズによっていろいろとサイズがあります。
35mmやAPS-C、マイクロフォーサーズなどと分かれています。
通常標準レンズといわれるものは50㎜のレンズの事を指しますが、これはセンサーのサイズがフィルム時代の35㎜と同じものに対してです。
現在ではフルサイズといわれます。
では、APS-Cの場合は30~35㎜の間を標準レンズとなります。
ちなみに、マイクロフォーサーズでは25mmが標準レンズとなります。
わたしのカメラはフジフィルムなのでAPS-Cなので30~35㎜が標準レンズとなります。
で、このレンズターボといわれるマウントアダプターはフルサイズの50mmのレンズを縮小してAPS-Cのサイズにしてくれるものです。
そして、光を収縮させるのでカメラのF値を1段階明るくしてくれます。
ペンタックスの50mmF1.4のレンズを30~35㎜F1.0にしてくれるのです。
が、ペンタックスに直に装着できるレンズターボは販売していないので途中に装着できるようにマウントアダプターをかましています。
たぶんこのマウントアダプターにレンズが入っているのでハレーションが起きたものと思われます。
ただ、F1.0になるとボケ感がすごいです。
明るいレンズといわれる部類に入ります。
ただ、ちょっとハレーション気味です^^;
途中のマウントアダプターはいらなかったと思いますが、商品としてレンズターボにペンタックス用がないのが問題です。
ちなみに買ったレンズターボはニコン用です。
ニコンにはF1.2という明るいレンズがあるので、将来の投資のために手に入れました。
そのレンズで試してみたらハレーションは起きないかもしれません。
ただ、今回の組み合わせはアウトかなと思いました。
しかし、マウントアダプターにはいろいろな種類のものがあるのでメーカーを越えて使いたいレンズが使えるのがいいです。
欠点はマニュアルフォーカスになるぐらいですが、最近のカメラはピントを合わせたいところを拡大出来たりと至れり尽くせりなので、少しの練習でピントはあわせられると思います。
しいて言えば三脚が必要になりますが。
上手くなればいらなくなることでしょう。
いままで、ツアイスが1番と思っていましたが改めてペンタックスのレンズを使ってみて、いろいろと味があっていいなと思いました。
ちなみに、」このレンズターボを出している中一光学は中国のメーカーですがヨーロッパにOEMしているメーカーなので信頼性もあるようです。
その昔は日本のレンズも作ってたとか。
中国のメーカーあなどり難しです。

PageTop

レンズは友達。

わたしはカメラ歴が長いです。
一番最初に買ったカメラはペンタックスの一眼レフカメラでした。
今はミラーレスカメラを使っています。
このカメラのいいことは昔のレンズを再利用できるということです。
マウントアダプターによって。
マウントアダプターとは違うメーカーのレンズをつなげる役目をしてくれる便利な道具です。
ただ、ペンタックスのマウントはなかなかないのです。
しかし、やっと見つけることができ、晴れて昔の大好きだったペンタックスの50mmF1.4のレンズがわたしのミラーレスカメラにつけることができるようになりました^^
それでは撮り比べです。

こちらはいつも使っているツアイスの32mmF1.8です。

人形1127

そして、こちらがペンタックスの50mmF1.4です。

人形1128

同じまつげにおピントを合わせたのですがボケ感が全然違います。
これはうれしいですね^^
ただ、雰囲気作りではペンタックスのほうがいいかもです。
ただ、情報を伝えるとなるとツアイスのほうが上でしょう。
ただ、これだけの差が出るのであれば、ツアイスのマニュアルレンズ売るんじゃなかったと後悔しています。
今買うと物価が上がっているようで前よりも2万も高くなっています;;
でもペンタックスも20年前のレンズとは思えないぐらいきれいです^^
マウントアダプターは集めると色々と使えるのでいいです。
ものによってはもっと昔のレンズも使えるようになります。
昔は日本が生産の独壇場だったのですが今は中国のようです。
品質は思っているよりも良いです。
まぁ、日本のメーカーも中国でレンズを作っている会社があるぐらいですから技術面では見劣りすること門歯のかもしれません。
中国のマウントアダプター侮りがたしといった感じでしょうか。
久し振りにペンタックスのレンズも使えてよかったです^^
これからどのように使っていくか迷うところですね^^

PageTop

ビスクと石粉粘土。

写真ないです。

ビスクと石粉粘土の作品、どちらに価値があるでしょう?
わたしは石粉粘土だと思います。
ビスクはきれいですけれどなかなか違った個性が出せないから。
同じ石膏型を使うので、同じ製品は作れるのですが、メイクなどで色々と買えないと違った個性が出せません。
なので、造形から作る石粉粘土のほうが1体1体の個性が出しやすいと思います。
なので、ビスクはヤフーオークションで出品して、石粉粘土の作品は草の根作戦で使用していこうと思っています。
草の根作戦にビスクを持っていくこともあります。
やはりビスクで作ったお人形のほうが付加価値が多いので。
今回初めてヤフーオークションで出品しましたが多くの方に見ていただいたと思います。
まぁ、そのことでツイッターをフォローしていただける方が増えたかというとそうでもなかったですが、続けて出品していけば、もしかしたら、フォロワーの方が増えるかもしれません。
ある意味、ヤフーオークションは攻撃的な宣伝活動ができる媒体かもしれません。
それを継続させるには続けて出品していけば効果的かもしれません。
その為にもビスクのお人形は作っていこうと思いますが、腰の関節はいらないかなと思います。
なぜならバランスがとりにくくなるからです^^;
身体にひねりが加わっていい感じにはなるのですが、その分バランスをとることが難しくなるので、人間人形の時は一体型で作ろうと思います。
もともとは猫人形の尻尾をつけるために分けたので、人間を作るときは一体方のほうがいいかなと思っています。
安定感もあるので自立もしやすいですし何より体をきれいに表現できます。
お洋服で隠れてしまいますが^^;
そこはそこ。
連続で出品すれば見ていただいた方も継続されるので(はじめて知りました)、このままガンガンアクセスを伸ばしていきたいと思います。
たぶんその中からフォロワーの方も出てくるかもしれません。
何はともあれ多くの方にわたしの作品を見ていただいたのはよかったと思います。
おねむの子も写真を撮って出品したいと思います。
がんばりたいとおもいます^^

PageTop

おねむの子完成。

人形1116

完成しました^^
おねむの子です^^
この子もヤフオクに出品する予定です。
出来栄えはいかかでしょうか?
まだまだ修行の身といったかんじです。
この子は完全に人間なので、いつもの?猫耳さんたちとは違います。
自分なりには頑張ったつもりです。
いい結果が出るといいなと思っています。
下の写真はズロース姿です。

人形1115

PageTop

こんなことできるようになりました。

人形1114

ネコさんたちはできないのですが、新しいボディーだとペタンコ座りができるようになっています。
何となく作っていたらできるようになりました。
いえ、何となくではなく相当苦労してできました。
おねむの子より以降でこのボディーを使っていこうと思っています。

PageTop