くろプラ日記

お洋服事情。

写真ないです。

お洋服を製作することが嫌いなわたしに天の声が・・・。
お洋服に合わせてお人形を作ればいいじゃん。
なるほど、1理ありです。
しかしどうでしょう。
石粉粘土なら割とうまくいくのですが、ビスクとなるとお話は非常に難しくなります。
なぜなら、ビスクは焼くと縮むからです。
シーリー社の泥漿はロットによりばらつきがあるようです。
微妙ですが。
ならば日本の泥漿を使うという手もあります。
ネコシリーズに使っていた泥漿。
さすがに日本のメーカーなのでロット差はないに等しいです。
しいて言うならば瀬戸磁器なので、ビスクのような滑らかさはないです。
釉をかけることによってあの透明感が出るのです。
まぁ、それは良しとしましょう。
やはり気になるのは縮み具合です。
原型から2割ほど縮みます。
それを計算して原型を作らないといけません。
スタンダードSDは身長57cmです。
公式に発表されているのでこちらのSDで話を進めます。
方法としては公式サイズより細めに作ればいい感じになるのですが、かっこいい言い方をすれば焼き物は生き物です。
何度も失敗しながら作るしかないのです。
それでも頑張って作れば、そこには夢のお洋服軍団が待っているのです。
さぁ、どうする?
原型で1年棒にふる?
悩みどころです。
悩みます。
ものすごく悩みます。
どうしよう。
そもそも版権的にどうなのでしょう?
公式サイズでなければ大目に見てくれるのでしょうか?
そこが問題です。
たぶん引っ掛かります。
間違いなく。
作るも地獄、作らぬも地獄。
でもビスクで成功させたら喝采もんでしょう。
う~む。
むずかしい。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する