くろプラ日記

60cmのビスクは難しいそうです。

写真ないです。

60cmのビスクドールを作ろうといきこんでいましたがやはり燃焼部分での変形が多いことから失敗が多いそうです。
金欠な私にはちょっと無理ですので、ここはすっぱりあきらめて、石粉粘土で作ることにしました。
まず考えることは鋳込み作業ばかりしていても技術が上がらないということ。
つまるところ技術の発展のために石粉粘土なのです。
ここ数年ゼロからお人形を作っていなかったのでよい特訓になると思います。
次に考えることはどのように制作するかです。
わたしの得意とする方法はサンドウィッチ方法なのですが、ここまで大きな原型を1度作らないといけないというのです。
となるとこれはいかにも面倒(金銭的に^^;)なので教室方式のとるほうが現実的であると思われます。
用はもととなる原型を作って上から粘土を張って少し乾いたところで原型を外す、という方法。
これならば思い石膏型を作る必要性もないので省スペースで制作できます。
何よりお財布にやさしいです。
その方法で作ることにします。
安い紙粘土で原型を作ればいいので楽です。
のちのち教室をするときになったときも使えるのでよい財産になると思います。
石粉粘土の装備はそろっているので後は作るだけ。
いつから作り出そうか。
仏壇がおじさんの家に移動したら、完全に部屋が使えるようになるので、そのころからかと思います。
まずは今作っている子を完成させることに専念です。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する