くろプラ日記

肌色の違い。

3つ並べてみました。

人形1149
人形1150
人形1151

一番上がさやの中に入れて燃焼したものです。
2番目は通常燃焼。
一番下が色泥漿1瓶のものです。
上2つは10瓶入れました。
よくよく考えてみると1Lに1瓶でいいかなとも思えます。
一番下がほぼ白に対して、上の2つは何となく色がついている感じです。
細かく見ると一番上が一番濃く、2番目が少し薄いのですが見分けはほぼできないです。
並べてみて、「ああ、違うね」といった感じです。
さやに入れたものとそうでないものでどちらがいいかがもんだいです。
違いといえばさやを買い足すことか・・・。
さらに違いといえば、さやが大きいので窯に2段しかつめないこと。
お人形1体しか作れないことでしょうか。
困ったときは母に聞いてみましょう。
母は賞持ちの人なのでわたしより見る目があると思うので。

PageTop

泥漿実験中。

泥漿に1カップの色付き泥漿を投入。

人形1140

母は色が少しついたといっているのですがわたしには変わっていないように思えます。
10Lのボーンチャイナに60mLは少なすぎたかなと思えます。

2カップ投入。

人形1141

母は前のものよりも色がついたといっていましたがわたしには?です。
やはりすくないのでしょうjか?
次は思い切って3カップ導入してみようと思います。
これで色がでなかったかどうしよう^^;
面白がった作業してる分だけまだましでしょうか。
もうそろそろ、わたしにもはっきりわかりやすい色で出てほしいものです。
泥漿の感じではあまり変化なし。
今日はスクリューで混ぜたので1日置いて気泡を抜いてから明日鋳込み作業です。

PageTop