くろプラ日記

お洋服作り始めました。

写真ないです。

端切れなので^^;
わたしが最も苦手なものが洋服作りです。
ミシン怖い。
手縫いめんどくさい。
などなど、正直縫物を始めたのはお人形がきっかけでした。
なので、いまだに苦手意識があります。
いや、苦手なのです。
出来ればだれか作ってください、とお願いしたいぐらいです。
委託で作ってくれるところもありますが、少々お高め。
金欠な私にはとてもではない金額です。
わたしの生活はギリ人形が作れる程度なので、今後のことも考えないといけません。
年金生活者なんてそんなものです。
正直年金では生活できません。
生活保護の方が多いのも納得です。
かく言うわたしも母なしでは生活できません。
築100年はいっているであろう持ち家があっても税金のほうが高いです。
いつか宝くじでと思っていますが、まずは先立つお金がありません^^;
何か話がずれまくっていますが、昨日は薬の副作用で頭の中が開店していたので、今日からブラウス制作を開始しました。
まずは髪の毛が金髪の子から作っているのですが、いかんせん薬の影響か、いや正しくはうつ病の影響ですが、頭が回りません。
なので今日も集中力が切れたところで作業終了です。
今は季節的にうつが悪い方向に行っているのでなかなか作業が進みません。
お医者さんにも容体を言う前に顔色悪いね、と言われます。
いろいろあったので余計気疲れをしているのか、悪くなる一方です。
良くなる薬ありませんかね。
そういえばアメリカで頭に機械を入れる治療がありますが、見た目怖いです。
機械はいってるというのがはっきりわかるので。
で、話がそれ過ぎていくのはどうしてでしょう?
とりあえず、お洋服の制作を始めましたので、近いうちに写真が載せれたらいいな~と思っています。
頑張らない程度に頑張ります。

PageTop

60cmのビスクは難しいそうです。

写真ないです。

60cmのビスクドールを作ろうといきこんでいましたがやはり燃焼部分での変形が多いことから失敗が多いそうです。
金欠な私にはちょっと無理ですので、ここはすっぱりあきらめて、石粉粘土で作ることにしました。
まず考えることは鋳込み作業ばかりしていても技術が上がらないということ。
つまるところ技術の発展のために石粉粘土なのです。
ここ数年ゼロからお人形を作っていなかったのでよい特訓になると思います。
次に考えることはどのように制作するかです。
わたしの得意とする方法はサンドウィッチ方法なのですが、ここまで大きな原型を1度作らないといけないというのです。
となるとこれはいかにも面倒(金銭的に^^;)なので教室方式のとるほうが現実的であると思われます。
用はもととなる原型を作って上から粘土を張って少し乾いたところで原型を外す、という方法。
これならば思い石膏型を作る必要性もないので省スペースで制作できます。
何よりお財布にやさしいです。
その方法で作ることにします。
安い紙粘土で原型を作ればいいので楽です。
のちのち教室をするときになったときも使えるのでよい財産になると思います。
石粉粘土の装備はそろっているので後は作るだけ。
いつから作り出そうか。
仏壇がおじさんの家に移動したら、完全に部屋が使えるようになるので、そのころからかと思います。
まずは今作っている子を完成させることに専念です。

PageTop

60cmのビスクの子が作りたい。

写真ないです。

前回の記事で心が折れるかと思えば、どっこい折れません。
分かってたことを聞いて確実な情報源からの答えなので。
ならば、思うところあり。
売れないのであれば、自分のためのお人形を作りたいじゃないですか。
まぁ、一番初めはそうだったわけですが、ここにきてやっぱり自分の納得する子が作りたいな~と思ったわけです。
最近は売れることを考えながら作ることが多かったので、そういうのじゃなくて自分のほしい子をもっと大きく作りたいじゃないって心境になりました。
ただ60cmのビスクドールとなると原型も大きくなるわけです。
シーリング社の泥漿を使っていて思ったことは予想以上に縮むということ、軽く2割以上は縮んでいると思われるわけです。
か、または前に使っていた瀬戸の泥漿を使うという手もあります。
ただものが大きくなるのと、磁土の関係上着彩が極めて難しくなるわけです。
いっそうのこと、焼いた磁器にモデリングペーストをコーティングしたほうがいいのではないかと思うぐらいです。
いや、そこまでするのであれば、最初から石粉粘土で造形したほうが楽だと思われます。
どの選択をとるかは自分なので、その時に考えるとして、まずは80cmの原型を作ることが重要になってきます。
油粘土は固いから嫌なんですよね^^;
わたしの作り方としては、盛っては削っての繰り返し、ならばやはり石粉粘土が妥当ということになるようです。
後、石膏型とか大変そうですね^^;
考えるとぞっとします。
でもやっぱりチャレンジしてみたいものです。
チャレンジだけなら石粉粘土でよくね、になってしまうわけですが、それだと先がないように思えるわけです。
小さい子もチャレンジしました。
これがまたチョ~苦痛で大変だったうえに石膏取りで失敗。
これはさすがに心がポッキリいきました^^;
小さいものは向かないようです。
目指すは今の体形で60cmのビスクドール。
夢ありますね^^
その分苦労も山ずみですが・・・。
まずは、今作っている子の完成を目指してのことです。
ボソ)資金ないですからね・・・・;;

PageTop

お人形事情。

写真ないです。

日曜日にふと気になったことがあったのですが、他の生徒さんもいらしたので、あとでメールで聞いてみました。
「お人形ってうれているのですか?」と。
1日たってからお返事が返ってきました。
用はビッグネームであれば売れることはあるが無名の新人でも極めて優れた作品を作る人は売れる、ということらしいです。
ふむ。
かんたんに言うと売れないよってことですね^^;
先生があえてわたしの作品に触れなかったことは置いといて、よほどの腕前でない限り、売れることはないでしょうということです。
まぁ、わたしがどのレベルにいるのかは不明ですがつまるところは持っている人が売れるということです。
わたしはどのレベルですか?と聞こうと思いましたがそれは先生にとって酷というもののように思えたので聞きませんでしたが、ある意味わたしにとって重大な結末であることを指しています。
造形には幾分かの自信はあるのですが、いかんせんファッションのセンスがない。
お人形は総合芸術だと思っているのでどれか1つでも劣っているとだめだとわたしは思っています。
裸でもいいジャン的な作家さんもいらっしゃいますがわたしのようなキャラが濃いとお洋服着させてあげないとかわいそうといわれるような人には酷というものです。
ここ重要です。
裸で許される造形とそうでない造形、この壁は結構高いものなのです。
まぁ、そのようなことあまり気にしてないような写真ばかりツイッターに上がっていますが、世間的には許されないものなのです。
そんなこと気にして芸術が語れるか~は捕まってしまいます^^:
まだそこまでは厳しくはないように思えますが、規制対象になりかねないものは芸術ではなくなってしまうのです。
さぁ、困った。
わたしの足りないものは目に見えてわかっているのですが、外注という手もありますがいかんせん、めちゃくちゃお高くなってしまうという落とし穴があるわけです。
巷ではファッショナブルなドールがわんさかいる中で、しかもお洋服専門の人までいる始末。
正直たち打ちできません。
考えられることは、
①洋服頑張る!
②シンプルにする!
③着せない^^;
あなたならどうしますか?

PageTop

お人形写真の撮り方。

写真ないです。
ただいま研究中なので^^;

今までわたしはお人形をちゃんとしてますよ的な撮り方をしてきました。
かんたんに言うとこの子をどうなっているか機械的に撮っていたわけですね。
かんたんに言うと無機質に撮っていた感じです。
それではいかんと指摘を受けたので色々と製品写真を見ているのですが、いかんせん、カメラの本しかなーい!
商品を撮るということがまったく自分の頭になかったことがわかりました。
これはいかんと、ドリードリーとか見てるのですが市販のお人形って小さいんですよね。
40cm弱あるのでうちの子が、」参考になるものが少なくて難儀しています。
ファンである恋月姫さんの写真集は妖艶と色気でいっぱいでうちの子と違うと一発で判断しました。
吉田式も見たのですが裸だしな!
なかなか、いい書籍に巡り合えません。
たぶんお人形は結構特殊な世界の住人なのではないのかと思う感じです。
わたしにとってのお人形はかわいらしくほっておけない感じがあるものであって、裸とか痛々しいとかとは無縁なイメージを持っている感じです。
たぶんかわいらしく撮ることがわたしの中の考えなのかもしれません。
ドロドロは嫌なのです。
そうなると途端にお人形の写真集は選択から外れていってしまうわけです。
となると、やはり市販ドールの写真が参考になるのではないかと思うわけです。
そうなると何か一芸が必要なのかなとも思えるのですが一芸って何ですか?となるわけです。
日曜日の教室で先生に聞いてみようとも思うのですがそれまでにある程度知識を刷り込まないと訳が分からなくなる可能性があるので、ある程度固めてから教室に行きたいわけです。
他の生徒さんからも色々と意見が聞けると思うので。
とりあえずは今までのドーリードーリーを見て研究です。
かわいくてわたしのお人形に合いそうなものはあるでしょうか。
頑張って探してみようと思います。

PageTop

ピクシブプレミアム。

写真ないです。

久し振りにピクシブをいじっていたら知らない間にプレミアム会員になってました?
あれ~?と思ってカード見たら先払いかよ!
よくよくこのプレミアム会員の事を調べているとどうもアイテムを10%引きで制作できるらしい。
と、言ってもイラストはもう6年は書いてない状態。
今更かけるのか?
でも、お人形を使ってイラストを描くという方法もあるわけです。
箱庭のようなものを作ってそれをバックにお人形を撮る。
あっという間に絵の完成・・・。
ならいいのですが、世の中はそれほど甘くないので、何とか活用法を考えることにしました。
頭1つで考えても仕方がないので・・・・と思ったけど、お友達がいない!
八方ふさがりじゃないですか。
解約しようにも、仕方がわからない。
分かりにくくなってるようで探すのに疲れました。
やはりカメラを使ってよい方法を。
よくよくがんが得てみたらわたしはお人形が作れる。
どこかで聞いた言葉だが、絵画は偽物だが彫刻は本物だ、と。
ミケランジェロあたりが言っていたように記憶しています。
良いモデルがいるじゃないですか!
後は構成力で・・・・。
その構成力に難ありなのです。
すぐれたマネージャサンでもいたら話は別ですが、わたしに助言をしてくれる人はいません^^;
ピンチです。
尽き510円を無駄にしないように何か良い方法を考えなくては。
でも、缶バッチが作れたりするのは魅力があります。
そういえば、母がお花の先生だったようなので?聞いてみるのも悪くないかもしれません。
解約方法を見つけるのが先か、お花の手ほどきを受けるのが先か。
選択権はほかにないのかな?
一人だとどうにもなりませんです^^;

PageTop

お洋服作りに向け。

写真ないです。
ツイッターにもないです^^;

今日は調子がいいので「鋳込むぞ~」と思っていたら、よくよく考えてみたらお洋服を作らないといけないことを思い出しました。
まさか、裸でヤフオクに出品するわけにもいかないので^^;
実はさっきまで泥漿を混ぜ混ぜしていました。
といっても資金不足のわたしには生地を買うお金がない!
と思ったら、明日は待ちに待った障害者年金の支給日でした。
明日、生地を買いに行くとして、どこに買いに行こう。
とらやは遠いし、天王寺のABCクラフトが距離的に一番ダメージが少なそうなので、そこで妥協しましょう。
前行ったと綿ローンなかったんですよね。
もう入荷したかな?
ブラウスはいつも綿ローンで作るのですがスカートをどうするか決めかねている感じです。
模様付きの生地がいいのかな?
前は綿ローンで作って染めたんですよね。
迷い中です^^;

で、お話は変わりますが、ヤフオクに出品することに決めたのは多くの人に見てもらえるということです。
まずは宣伝です。
3万円はマジ金額ですが、売れたらラッキーぐらいの気分で1週間ほど出品しようと思っています。
ずーと出してても売れないものは売れないと思っているので。
なので、ますはわたしのサイト、ブログ、ツイッターを知ってもらうことが重要視の方向で出品です。
お迎えしてくれる方がいたらお嫁に行ってください的な感じで出品です。
売れても売れなくてもコンスタンスに出品したらいい宣伝になると思うので、そこが目的です。
貰い手がついたらそれが一番ですが・・・。
お目目はいっていないのでギリOKなわけです。
金額的には。
お目目を入れたら確実に1万円高くします!
それだけのグラスアイを入れているので。
まぁ、そこは様子を見て決めようと思っています。
スカートの生地をどうするか、よく考えなくてもわたしは生地選びのセンスがないのです。
そこ欠点。
なので、前の子たちは色味表を参考に染めました。
今回の子は髪の毛の色で決まるので、グレーの子と茶色の子で行こうと思います。
しかし、よくよく考えてみるとわたしのお人形の頭のサイズはブライスと一緒なのでブライス用のカツラが使えるので色々楽しめるわけではあるのですが、きずいてくれるかな?
なので、下着だけで胴体売りでもいいのかとか思ったりするのですが、いかんせん体がオリジナルなので他のお人形で合うサイズかないという結果になっています。
結局はお洋服を作らないといけないわけです。
お洋服・・・難問ですね^^;

PageTop

お人形の完成に向けて。

写真ないです。
ツイッターで見てください^^;
あちらに載せているので^^;

で、ある程度まで形ができると(まだ洋服があるので先ですが)販売について考えるものです。
といっても今まで売れた実績がないので何とも言えないのですが、今回はミンネではなく、ヤフオクで売ってみようと思います。
ただどこまでラインなのかがよくわからないので、おねむさんで挑戦です。
1つは資金の問題。
おねむさんは目玉を使っていないので1万円ほど安く作れるということ。
やはり良いグラスアイを使うと表情が違うという点もあるわけですが、今回はおねむさんなので、完全にわたしの力量になるわけです。
ヤフオクで販売するのは、「わたしの力量はおいくら?」がはっきり出るわけです。
後は原価から考えてどのぐらいの金額が妥当かを判断して決まった金額は3万円です。
全長が40cmの子が3万円は安いように感じますが、ビスクだとそこが可能なわけです。
まぁ、中身空っぽですから^^;
今回はグラスアイも使っていないのでいいかな~と思っています。
といってもお洋服がまだなので当分先ですが^^;
まぁ、日曜日になって教室に行って組み上げたら現実味は一気に加速すると思います。
ちなみにこの3万円という金額、ヤフオクの創作人形だと割かし多いようです。
たぶん基準にして大丈夫だと思います。
原価から考えると3万円は割合きついですが頑張って競り合って高くなってほしいものです。
お願いします。
今回は上絵の具の感じをつかむため結構陶芸窯フル稼働だったので。
小さい窯だと電気代も安いのですが、わたしのものは割かし大きいので、その分数はまとめて作れるわけですが。
パーツ1つだけ焼くのは結構もったいないわけです。
そのようなわけで今回の1体目は割かしギリギリな感じです。
売れなかったら悲惨ですね^^;
ミンネの実績もあるのでそこが一番怖いところです。
先生が言うには技術はプロに達しているよ~だそうですが、わたし的には売れて初めてプロだと思うので今回のヤフオクは勝負なわけです。
1人でも買ってくださる方がいれば満足といえば満足なのです。
その方はプロの作品として認めてくれたとわたしなりにはそう思いたいので。
お洋服頑張って作らないと。
お洋服出来る限り頑張るのでどうか買ってやってください。
出品はまだ先ですがよろしくお願いいたします。

PageTop

教室の話。

といっても私が通っている教室の話ではないのですが。
そして写真はないです。

考えるに知名度のないわたしは教室を開いたところで生徒さんが集まってくれるのかということです。
先生曰く「時間がたてば多くなるよ~」と。
時間が解決してくれる問題なのでしょうか?
やはり知名度だと思います。
今まで東京でグループ展に出したりドルフェスに出したりしていましたが、よくよく考えてみると、わたし的にはアウェイなわけです。
距離的な問題もあるでしょう。
東京っから通ってくれる生徒さんはいないと思います。
よほどのビックネームにならないとそれはあり得ないと思います。
大阪で活動してなかったのは痛いところです。
祖母が亡くなって大きな部屋が開く予定なので、そこを占拠するわけですが(今も占拠中)、環境的にはできるわけですが、知名度的にむりなわけです。
多くの資金を東京行きにつぎ込んで来ましたがほぼ無意味だったわけを痛感しています。
いまのところ、ネットでの活動日記がわたしの宣伝媒体です。
それでも生徒さんは来ていただけるのでしょうか?
疑問です。
もしご意見いただける方がいらしたらコメントをおねがいいたします。
よろしくお願いいたします。

PageTop

すっかり忘れ去られていたミンネのお店。

人形1092

わたし一押しの子!
ピンク猫さん。
すっかり忘れていたミンネのお店を復活しました。
67000円で販売しております。
送料は含まれているので安心してください。
ちなみに全身を見たい方はHP(http://www.kurotoplatinum.com/doll.html)で見れます。
ミンネへはhttps://minne.com/items/5569361で。
どうぞよろしくおねがいいたします_(._.)_

PageTop

体調悪いです。

日に日に体調が悪くなってきているのが困った感じです。
今日は起きている時間6時の段階で2時間ぐらい。
後はしんどくて寝てました。
折角いい感じにメイクできるようになってきたというのに。
なかなか世の中上手くいかないものです。
たぶん、祖母が亡くなってこれからの事を考えると不安でいっぱいなんでしょう。
家に祭壇があるのですがそれを見ると暗くなります。
何かいいことはないでしょうか?
気分転換になるような事って・・・。
USJはまた熱中症になると思うといけないのですよね。
それ以前にお金ないけど;;
なので八方ふさがりな状況上制作するしかないのです。
が、体調が付いてきません。
何かいいことでも起きればいいけど、喪中ですのでそういう風に思うのもどうかな?とも思えるわけです。
なので、制作はどんどん遅れ気味。
しんどいな~。

PageTop