くろプラ日記

サーフェイサーの実験。

人形912

原型をどうにかきれいに残したくて、ネットでいろいろ調べたらサーフェイサーがいいとのことで実験しました。
結果はこんな感じ・・・。
極端な水分でないと大丈夫とのことでしたが、1日置くとはがれました。
完全な耐水性になるわけではないようです。
結果は残念といった感じです。
すぐに剥がすとよいようですが、時間を置くとサーフェイサーも水分を吸収するようです。
ちなみに乾かしていたときは右側が上でした。
下に水分が移って行ったのかな~と思われます。
こうなると、サーフェイサーも石膏型で取ったときに原型が破損するということでしょう。
一晩おいたのがいけなかったのかもですが、大体わたしは、石膏型を作るときは疲れてしますので1晩おいてから取り出します。
まぁ、先生は数時間で取り出すよ~とおっしゃっていたのでわたしがおきすぎなのでしょう^^;
身体の調子もあるねん!といいたいところですが、ある意味時間との戦いなのかもしれません。
今度はニスで実験してみようかな~と思いました。
ちなみに、原型にはまず最初にカリ石鹸を塗ってサーフェイサーをしてカリ石鹸をしています。
なぜかというと、今取りたい原型にもうすでにカリ石鹸を塗ってしまったからです^^;
なので下地にカリ石鹸が塗ってあってもサーフェイサーがちゃんと定着するのかという実験もかねていました。
結果としては大丈夫なようです。
上部はきれいにはがれたので、やはり水分の量で下部のほうの面が水分を吸ってしまっていたといった感じです。
油性のニスとかが有効かもしれません。
そうなるとラッカー系でしょうか。
シンナーくさいですね^^;
一番苦手なにおいです。
またピースを作って実験してみたいと思います。

PageTop

アッテネーター。

オーディオ0009

アッテネーターを作りました。
前に部品だけ買ってあったので後は組むだけというところでほったらかしだったのですが、パソコンにつないでいたDAC兼プリアンプ兼アンプが壊れたので、しょうがなく製作。
資金なんでお人形制作が止まっているので良い時間つぶしということで^^;
で、壊れていたパーツはプリアンプっぽいのですが、DACはデシタルしか出力できないのでしょうがなく3000円ぐらいのDACを購入してアナログ出力のあるものを探しました。
アッテネーターはアナログ機器なのでこれでつなげます。
アンプは壊れていなかったのでそのまま使うことに。
驚いたことにこの方法のほうが音が澄んで聞こえてきます。
アッテネーターの部品だけで2万円以上しただけのことはあるということでしょうか。
4000円のプリアンプとは音が違いました。
音量部分の部品を変えるだけでここまで音が変わるのか~と久しぶりに感動しました。
これをメインの真空管アンプにつなげたらどんな音になるのか楽しみです。
ただ、最近はまったく使っていないのでパソコンでデジタルアンプの音しか聞いていません。
4000円の・・。
やりたいことはたくさんあるのに資金難でにっちもさっちも行かないのは困りものです。
最近は東京での活動を自粛しようかと思っています。
ほぼ、東京行きで資金難になるので^^;
大阪での活動拠点をしっかりさせてからでもいいかな~と思うようになりました。
多分今回のドルフェスでとりあえず、東京は自粛かな~と思っています。
土台をしっかりしてから東京の活動を再開しようかな~とおもっています。
所詮は障害者年金で生活している身なので^^;
他の資金源を作ることを大阪で考えようと思っています。

PageTop

お腹の改造。

ぷにっと感を出したくて、お腹部分を改造中です。
こちらが今までのお腹です。
人形910

しっかりしまっている感じです。
スマートです。
まぁ、お洋服に隠れてしまうので関係ないといえばないのですが、ぷにぷににしたくてこのように改造しました。
人形911

くびれを目立たせないようにして、お腹をぷにっとしてみました。
石膏型を取りたいのですが、資金不足でにっちもさっちも行かない状態です^^;
あと、きれいに石膏型が取れるように研究中です。
サーフェイサーを吹きかけてからカリ石鹸でコーティングしたらきれいに取れるのでしょうか?
その実験のために簡単なものを作って実験中です。
カリ石鹸を先に塗ってしまったものにサーフェイサーはちゃんと張り付くのでしょうか?
その実験もかねて製作していますいつも石膏型がきれいに取れなくて苦心しているので。
市販されているもののようにきれいに取れないか、研究しています。
これならお金かかりませんしね^^;
もともと持っているもので作るので。
折角きれいにできたのに石膏型が汚いと鋳込んだときにその後の作業効率も悪くなります。
その苦労を軽減させることが目的です。
あと、乾いただけの生地はやわらかいのでその破損を最小限にとどめていということもあります。
あとはぷにっとしてるほうがより子供っぽいかな~と思ってのことです。
ちなみに、このパーツは共用できるのでぷにっとな子とスマートな子が作れるようになります。
まぁ、お洋服で隠れてしまうのですけどね^^;
お洋服をきてない状態のときのほうが「完成した~」と思ってしまうので、お洋服はいつも億劫です^^;
時間がないときは特にそう思ってしまいます。
今回のドルフェスのように時間がたくさんあると楽ですが。
ないときはしんどいです。
そういったときに失敗をするので。
ドルフェスまでは実験をしながら時間つぶしです。
ヤッパリのんびりペースでの製作が一番です。

PageTop

白ネコさん。

人形907

この子はいい感じに耳が髪の毛と一体化して自然な感じです。
白ネコさんは軟体か作っていますが、この子もできのよさそうな子です^^
髪の毛ですが毛先がカールしてるのですが崩れてしまっても指で巻いてあげると直ったりします。
前に、くりくり巻いた髪の毛を梳いてしまってカールがぐしゃぐしゃになったときに先生に教えていただきました。
そこまでカーリーな子でないので大丈夫ですが、もしそうなってしまったときはそのようにしてセットしてあげてください。

この子もdollページでぐるぐるがこちらで見れます。
ご興味のある方はどうぞのぞいてやってください。
よろしくお願いいたします。

PageTop

茶ネコさん。

人形909

この子は良くまとまった感じがします。
今回作った子たちの中でいいな^^と思えるできです。
基本的にショートがすきなのでしょうか?
そのようなことはないと思いますが、納得かな~といった感じです。

この子もdollページにあげているので、ぐるりと見たい方はこちらからどうぞ~。

PageTop

黒ネコさん。

人形908

とりあえず、ドルフェスまでの時間稼ぎです^^;
今は石膏取りに失敗したので原型を修復しています^^;
石膏取りが苦手なので何か良い方法はないか模索中です。

で、黒ネコさんです。
この子は一重にしています。
わたしが作るお顔では一重ははじめてのものです。
あと、まん丸顔にしています。
今新しく作っている胴体がちょっとぽっちゃりなので、その伏線です。
ちょっと丸すぎた感があります。
なので黒ネコさんにして締めました。
うまく絞まっているといいですがどうでしょう?

この子のぐるり写真がサイトのほうに上がっているのでよろしければ見てみてください。
よろしくお願いいたします。

dollページはこちらです。

PageTop

ドルフェスの準備。

この子達を連れて行きます。

まずは白ネコさん。
人形904

次はくろネコさん。
人形905

最後は茶ネコさん。
人形906

そして、サンプルとして、去年のピンクネコさんを連れて行こうと思っています。
お人形のサイズとしては41cmです。
いろいろと相談をして8万円が妥当だと結論に達しました。
でも、猫耳なので、大分好き嫌いがあると思うので、実際はどうなんでしょうか?
家に猫がいたから猫耳になったわけですが、よくよく考えてみると、普通に人間のお人形のほうがいいのかなとも思えてきます。
わたしの趣旨の問題なのでそれはそれなのですが、最近ちょっと気になり始めました。
だからといって趣旨を変えるのも、うちの猫に悪いしな~と悩み中です。
とりあえず、準備はできたので、あとはドルフェスの書類待ちなのです。
実際、ほしいと思われる方っているのでしょうか?
冷静になればなるほど?です^^;
もらわれていったら、プロになったと思えるのですが、1匹ももらわれてないのでまだまだアマチュアなんだな~と思っています。
今年は、どうだろう?
悩めば悩むほど暗くなる一方です。
む~ん^^;

自信がないので人形写真ページに飛ぶように細工しました^^:
ご意見など聞かせていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

PageTop

ホームページを更新しました。

写真ないです。

ホームページを更新しました。
Dollページが新しくなりました。
2016年ドルフェスに連れて行く子たちの写真を上げています。
もしよろしければのぞいてみてください。

こちらをクリックでDollページに飛びます。

PageTop