くろプラ日記

心痛し。

写真ないです。

きわめて自分的なことなので特に読まないでいてもらいたいものです。
ただ、残しておかないと心が折れるので書きます。

母に遠まわしに邪魔と思われることは心が痛いものです。
好きでこのような身体になったわけではないものの。
ただ、わたしには見ておきたいものがあるので自殺という選択肢はないです。
父が死んだとき、子ともの権利を借金のかたに入れていたのには驚いたものでしたが、それは財産放棄ということで手続きで回避できたことです。
なので、特に父に何かしらの感傷があるかといえば特になくなってしまっています。
ただ、今回の母の言い回しには堪えました。
整理できる脳みそがあるというjことを呪うばかりです。
罵倒や中傷は生きていればあるものです。
わたしも長く仕事をしていたのでそういった場面にはあったことがあります。
そのたびに心が砕かれ、精神を病んでいったものです。
今は薬で保てていますが。
なので、わたしに残された手段は復讐しか残っていないのです。
といっても、殺人を犯す必要などはないのです。
30年もたてば、人間は滅びの道に歩みを進めるからです。
多分、多くの生き物を道連れにして。
現在の経済活動を進めていけば30年後には人類は後戻りのできない状態になると科学者達が言っています。
そして無責任にも後は政府がすることとと丸投げをしたのです。
現段階で30年です。
ならば、発展途上国がもっと発展を推し進めていけば、30年はもっと短くなるかもしれません。
そのとき、わたしの復讐はなるのです。
悲しいことは、他の生物を道連れにしてということですが。
できることなら人類だけ滅んでしまえばいいと思うのですが、予想としては環境の劇的な変化(温暖化など)、汚染物質の流出など、自然環境に影響のあるものが多いことだと思います。
それだけが心苦しいものです。
できることなら静かに人類の終焉を迎えれれば理想ですが、現状ではそうもいかないようです。
なので、とりあえずはその時期を見極めてから死にたいと思っています。
そのように思うと、この心の痛みも多少は和らぐというものです。
願わくば多くの生き物に生き残ってほしいものです。
人間の都合で殺されるのは心残りだと思います。
わたしは人間の終焉の始まりを見たら。多分今までの罵倒や中傷、社会がわたしに与えた環境の清算はできるかもしれませんが。
滅ぶときに都合よく宇宙人が来て助かるとか、神様の奇跡で助かるとかはやめてほしいです。
それこそ、死んでも死に切れません。
とりあえず、目安として30年は生きておくつもりです。

おわり。

PageTop

やっと形になりました。

人形881

やっといい感じになりました^^
ぷっくりお手手の招き手です。
後、左のお手手を作れば完成です。
のんびり作っていこうと思います。
あせって作ってもなかなかいいものができないので^^;
後体調のこともあるのでなかなか進みません。
石膏型がうまく作れるといいな~的な複雑さです^^;
工夫はしたのですが今のところここまでが考え付くところ。
後は先生に見てもらって助言をもらおうと思います。
左のお手手に取り掛かろうと思います。

PageTop

右お手手製作中。

人形880

招き猫のお手手を製作中。
なkななかイメージ通りにいきません^^;
で、やっとここまでできました。
後はきれいに整えたら右お手手が完成しそうです。

で、最近は体調悪い日が続いています。
寒くなってきたからでしょうか?
欝の状態があまり芳しくないです。
なんとなくぼ~としている感じです。
身体が重いし困ったものです^^;
天候にも影響されるので早く天候安定してほしいものです。

PageTop

Linkページに新しく追加しました。

写真ないです。

Linkページに新しくローゼン・ゼペット様の「サーボ関節人形DancingDall」を追加しました。
SDサイズのサーボもターを駆使したダンスを踊るドールです。
ロボットに興味のあるお方でしたらその構造にすごくご興味をもたれると思います。
わたしは見たときにこれだ!と感動しました。
かねてより動くお人形に興味を持っていたので、その世界があったこととの感動と、その技術に感動しました。
ロボットというと無骨なイメージがありますがそんなことはありません。
プロポーションもいいし動きもいい。
この中に収めた技術力に感服しました。
動かすためのプログラムとかどうなっているのか。
その苦労がしのばれます。
一見の価値ありだとわたしは思います。
ご興味のあられる方はぜび!です^^

Linkページに飛びます!

PageTop

今週は病院はしご。

写真ないです。

今週は1日おきに病院にいっていました。
なので調子のいいときがほとんどありませんでした^^;
日曜日は教室にいっていたので月曜日はその疲れで体調不良。
火曜日は調子がいいような悪いようなで多分悪かったのだと思います。
水曜日は心療内科。
で、ヤッパリ次の日は体調不良^^;
金曜日は循環器でその次の日も・・・。
よくよく考えてみると人の多いところがだめっぽいです。
デンデンタウン行った次の日はそうでもないですし、イベントに出たときも終わってからダウンなので、場合によりけりなのかもしれません。
特に、何もしてなかったわけではなかったのですが、お人形の小さい傷とかを治していました。
今作っている原型も石膏型を取るのでへこみ傷は直しています。
でっぱりは複製のときに修正できるのですが(焼く前に磨くだけ)、へっこみ傷は難しいです。
なので、それを見つけて埋めてはみがきのくりかえしの地味な作業をしていました。
ここで手を抜くと後がめんどくさいので^^;
来週は特に何も予定はないのでやっとお手手に取り掛かれそうです。
最近は薬の副作用のハラへリとのどの渇きでどうするか悩んでいます。
前に一回成功して6kg体重を減らせたのですがまた2kg戻ってきました。
前は1日12リットル以上飲んでいたのでそれを半分にしてその分体重が減ったのですが、なかなか6リットルの壁が越えれなくて最近は多分8リットルぐらい飲んでいるようです。
おなかがすいたらお菓子を食べたりすると脂肪が増えるから水分での考え方が悪いんですけど、ハラ減りだけはどうにもならないです^^;
ただ、体重は減らさないと心臓に負担がかかるので何とかしないとだめなのです。
とりあえず6リットルまでもどす努力はしてるのですが・・・。
2リットルで大丈夫っていいますけど、大分難しいですね^^;

PageTop

あんよ、こんな感じ。

人形879

完全に写真のセンターはずしてますが^^;
とりあえず、完成しました^^
次は、招き猫の手の形にする作業です。
お手手は前のものを再利用するので、結構早そうな気がします。
たぶん・・・。

PageTop

あんよ、つめができたら大体完成かも。

人形878

まだ細かい所は残っていますが、大きく見たら爪をつけたら完成です^^
大まかにはできた感じです。
あと一息でしょう。

で、最近はというとうつの状態が続いていてしんどい感じです。
身体が重い状態がずっと続いている感じです。
製作に結構ひびいている感じでいっこうに思ったように進みません。
いつになったら楽になるのやら・・・。
天候も悪くなるようでどんどん落ち気味です^^;


拍手のお返事です^^

つづきを表示

PageTop

セラピードール。

写真ないです。

セラピードックのことを考えていたら、ふと、お人形にはそういった効果はないのかなと思って、調べていました。
ドールセラピーなるものがあったのですが、お人形と触れ合うことで感情が豊かになっていくというものです。
更に進んだものがセラピーロボットなのですが、よくよく考えてみると触れ合えるということが重要なのだなと思いました。
最近では、ペッパーやその他のメーカーが会話ロボットを生産販売していますが、説明を見ると一人暮らしでさびしい人に的な心の癒しという感じのものを見受けられます。
セラピードックやドールセラピーのことを調べてみると、本当に心を癒すのであれば触れ合えることが重要なのではないかなと思うわけです。
そう考えてみるとビスクドールは固いな^^;と思うわけですがペッパーのように会話してくれたり踊ってくれたりはあまり必要でない感じもします。
うちにはいまわんこが一匹いますが大体近くで寝てたりしています。
ただそれだけでも癒されるのであるならば、あえて、しゃべる会話は必要不可欠ではないとも言えるのではないかなとも思えます。
なでたりすることでぬくもりをあたえてくれます。
出かけるときは追いかけてくれるし、帰ってくると玄関で待っています。
お年寄りのセラピーではそこまでは必要ないにしても、わたしのようなうつ患者には結構うれしいものです。
で、お人形の話に戻ります。
というかロボットですが、セラピーロボットもそのように進化したらいいのではないかと思います。
わたし的には人の形ですが、お人形もそのような役割で進化していくともっといいのかな~と思ったりします。
理想としては腰たけぐらいでかわいい女の子の人形が出迎えてくれるとうれしいかもですね。
多分観賞少女(プランツドール)の影響ですが、理想としてはあの世界観です。
で、実際問題そのようなことはできるのかと思えば、やはりロボット技術にぶつかることになります。
ついでに人工知能。
ロボット的にはもっと人間らしい動きができることと外観でしょう。
ペッパーかわいいようでどうやってもロボットです。
ロビもそう。
硬質感が否めません。
その部分が課題なのでしょう。
人工知能は会話の部分が先行しているように感じるのですが、セラピー的に考えると表情だと思います。
表情を読み取る機能とその解析、それにあわせての表情の出し方といったところだと思います。
ぺらぺらとしゃべる必要はナイのだと思います。
喜怒哀楽が表現できればいいのではと思います。
後は触ったときの体温的なものでしょう。
モフモフしてるのか、あたたかいのか、そういった人間の五感に働く要素が必要だと思います。
そういったセラピーロボットがあってもいいのではないかと思ったりします。
阪大の教授さんが作られたセラピーロボット怖いし・・・。
やはり、かわいさは必要なのではないかと思います。
まぁ、できることならば自分の作品で作れるようになればこれ以上の喜びはなしといったところでしょうか。
実際、自分の作ったお人形に心癒されてますから。
この子達が動いてやわらかくて体温があったら、この世は天国ですしね。
いつか、そういうチャンスにめぐり合うことがあるかも知れませんね。
ロボット技術と人工知能がもっと進まないと無理なところですが。
後は自分でベンチャーしてみるしか・・・。
障害者年金の身ではむりですね;;
宝くじ当てるしか^^;
でも、そのときはセラピーロボットではなくセラピードールとして世に出していきたいな~と思います。
ドールのほうが歴史が長いし人に近いですしね。

PageTop

あんよ、難しい。

人形877

折角ぷっくりお手手が作れるのにあんよがぷっくりでなければ意味がないな、と思いがんばってる最中。
なかなかぷっくり感は出ません^^;
ただなんとなくつかめて気がするのでこのままいけばできそうな気もします。
まぁ、靴下とかをはかせてしまうと見えないわけですが、こだわる場所が違う気もするけど、そこはそこ。
いや、はっきり言ってしまえばヌードにしなければ、ほぼ身体のこだわりは見えないわけですが・・・。
見えないから、ぺたんこ座りができるように改造できるという利点もあるわけです。
イラストをしていたときはなんとなく洋服の中をしっかり描きこんでみたりしていたりした訳ですが、お人形になってから思いっきり作れるのは楽しいものです。
最近はうつでしんどいときはあるのですが、もっとひどくなるを通り越すと苦しいになるのです。
しんどいんじゃなくて苦しいのです。
薬を飲もうが横になろうが治まるまで苦しいのです。
息が苦しいとかではなく精神が苦しみもがく感じです。
無理をしすぎるとそこまでいってしまうのです。
多分気絶するなり、気が狂ってしまえば楽なのでしょうが、いかんせん冷静に分析する自分がどうしてもいるのです。
自分!どこまで冷静なの!と思ってしまうぐらい分析します。
精神力があるとは違う感覚です。
そもそも精神力が強ければうつにはならないでしょう。
意志が弱いとかそういったものでは計り知れない、何か別のものが脳みそで働いてる感じです。
とりあえず、苦しいまでいかないように気をつけることが最近の目標です。
頭から脳みそ引っ張り出したいぐらい苦しいってどういった感覚かはなかなか説明できないものです。
精神は脳と密接だと思うのでそういう表現になるわけですが、新しい苦しみというものは、やっぱり苦しいとしかいいようがありません。
そうならないように気をつけながら生活している感じです^^;

PageTop