くろプラ日記

新しいお顔を作り出しました。

人形606

今のままではだめだ!と思い新しいお顔を作ることにしました。
大工さんが来ておやつ出して、後はうつの症状を抑えるために精神安定剤を飲みまくっているのは、多分気晴らしがないからと思いました。
このお顔もビス供養に作ろうと思います。

で、今日はNHKの番組クローズアップ現在でしたっけ?
あれで、引きこもりの社会復帰についてしていました。
仕事をできないからないから引きこもらざる終えないという内容でした。
なので仕事を与える場所を作って自発的に出てきてもらうといった感じだったのですが、なんとなく、わたしの現状とは違う感じでした。
仕事をしすぎで鬱になって働けなくなったとはちがうな~と。
まぁ、わたしの場合もともとがお金がなかったので人にいわれるがままに仕事をしてきたわけだけど、どちらかというと道具のような感じで働いていました。
壊れれば終わりという感じに生活していたのですが、いざ壊れるとなんとなく諦めがついてしまった感じです。
生きることが辛いとかは思わなくなりましたが、生きることはしんどいということが最近の認識。
薬が切れると、何でこんなにしんどい目を受けないといけないのだろうか、と思うことばかりです。
自分でまいた種だから仕方がないといえば仕方がないのですが。
そう思ってきたときは即座に精神安定剤です。
体調にも現れるようなら数個飲みます。
人がいれば薬は多量に飲む感じです。
よほど気の置ける人でない限りはそのような感じです。

なら教室はどうなの?といわれれば、実は隠れて飲んでいます。
まぁ、好きなことをしているのでそれほどたくさんは飲まないですが、やはり飲まないと心が落ちます。
話がそれまくった感じですが、ふと、思うことがあります。
終止符を打つのは簡単なことだけど、まだ、自分がやりたいことが残っている限りはそちらに向いていることがわたしが人としてのゆき方のような気がします。
お人形つくりを中心にしている分には特に他の目的が見つからないので。
他が見つからないまで壊れてしまっているのかもしれませんが、おなかがすくと一応ご飯食べるので生きることはやめていないようです。
電気窯を置く場所がきれいにコンクリートびきになっていました。
そうだ、空っぽになった庭に桃の木と金木犀を植えようと思いました。



拍手のお返事です^^

つづきを表示

PageTop

1週間たちました。

人形605

今週はいろいろとしていなかったのですが、ものすごくお疲れさんモードです。
大工さん同じ人が来るんですけどね~。
ヤッパリ心に負担がかかるようです。
いつかは教室を開いてお人形教えようかなとたくらんでいるのですが、当分は無理ですね^^;
それよりもビスクを早く覚えたい感じもあるし。

リフォームは順調に進んでいて庭の奥のわたしの作業場の3畳の部屋はできています。
その前にも大きな屋根があるのでその屋根のスペースは8畳以上。
洗濯物も乾かすスペースもかねているのですが、半分はわたしのスペースです。
スピーカー作ったり、電気窯をおくことになっています。
明日、コンクリートをひくようです。
天気がいいといいですね。

お庭はものすごく広くなりました。
ジャングルのようになっていたので全部切り倒して、のこりはお化け灯篭のみ。
灯篭を倒したら端に寄せて終了です。
わたしの好きな植物を植えようと思っています。
その前にガスバーナーで地面を焼いたほうが雑草が生えにくくなるようにも思えますがそれは後ほど。
リフォームが終わらないことにはどうにも落ち着かないので。
とりあえず、10時と3時のおやつの準備をして、後はおとなしくしている感じです。

よくよく考えてみて生徒さんが来るとも限りませんしね。
病気を向き合いながらのんびり製作がわたしにはいいようです。






ここからは拍手のお返事です^^

つづきを表示

PageTop

体調不良。

写真ないです。
最近は家のリフォームで大工さんやらが出入りしているのと、障害者年金の自給書類製作の為、病院や年金事務所を行ったり来たりしているのとで、体調が悪い感じです。
特に障害者年金がらみで体力をすり減らしております。
なので、今日は教室を休むことにしました。
体調が悪いときに石膏取りをすると大体が悪い結果になるので。
それと、動けないぐらい体力(精神力)を使い切ったことで昼間とか仮眠できないのにどうやら寝ていたようです。
気がついたら4時過ぎていました^^;

障害者年金はちゃんとした書類を作らないとなかなか通らないので、何とか初診の病院を探り当てました。
カルテは5年間の保存は義務らしいのですが、それ以上は自由らしいのですが、心療内科はかかる年数が長いので保存してありました。
初診の先生の希望で手渡しが条件だったので久しぶりに行ってきました。
わたしの住んでいるところから尼崎までは1時間ほどかかります。
昨日は、通勤ラッシュとともに家を出たので疲労困憊だったのかもしれません。
ひさしぶり?にいったので予約ではないのでまってもらいますと電話でいわれていたのですが、ついたらすぐに見てもらいました。
書類をわたすのとちょっとした診断でした。
書類が完成したら取りに来てください出そうです。
こちらにもいろいろと都合(リフォーム)があったので、30日に取りに行くことになりました。
水曜日は家に母がいてくれるので。

ちなみに審査は、お役所仕事なので時間はものすごくかかるそうです。
ちゃんと書類を出したからといって通るとも限らないそうです。
大阪は今、そこらへんの自給を減らすことに躍起になっている自治体なので^^;
とりあえず、わけのわからない年金事務所の言い分をぐうの音が出ないぐらいに叩き潰さないと腹の虫が収まらないのでがんばっている感じです。

ちなみに年金事務所の人間は初診から1.5年後の診断書と今の診断書を要求して来る予定なのですが。そこも詳しく中央の年金機構の人に説明を聞いたら、初診から会社を休んでいて1.5年からの自給ということのようで、わたしのように10年以上も前からの人には関係のないことのようです。
現在の診察状況でいいそうです。
近場の年金事務所の人間はちゃんと説明してもくれませんでした。
まぁ、国のクレーム処理課的なところにクレームを入れたからの対応なのかもしれませんが、そこまでしないと、対応はちゃんとしてくれないようです。

今日は1日中だルーい感じですごしています。
石膏取りの胴体の他のパーツ取りたかったな~と思いつつ、横になっている感じです。
今は、横になりすぎてかえってしんどくなったので、ブログの更新中です。
早くリフォームが終わってほしいです。
喘息が出るので^^;

PageTop

撮り比べ。

人形603
X-M1 カールツァイス・プラナー50mmF1.4+スピードブースター(マウント)


人形604
E-PM2 フォクトレンダー・ノクトン25mmF0.95

まだ、X-M1のほうは慣れていないのでオーバー気味ですが^^;
E-PM2はいつもの写真です。
E-PM2は35mm換算で50mm相当のレンズになります。
X-M1はスピードブースターを使うと50mm相当のレンズになります。
スピードブースターをつけていないと35mm換算で75mmのレンズになります。
つまり、両カメラとも35mm換算で50mm相当のレンズを使用していることになります。
ぼけ方はプラナーのほうが強く見えます。
レンズの明るさはF1.4ですがスピードブースターを使うと1段階明るくなります。
E-PM2は撮像画面サイズがX-M1より小さいので明るさではノクトンですが、ぼけ方は小さいようです。
記録写真としてはノクトンのほうがいいと思いますが、ポートレート写真を考えるとプラナー50mmF1.4+スピードブースターの組み合わせはありだと思います。
両レンズとも絞り開放で撮っていますが実質とプラナー50mmF1.4+スピードブースターのほうが明るいようです。
スピードブースターをはさむことによってプラナー独特な感じがなくなったような感じもしませんし。
ただ、ちょっと明るすぎるような感じもします。
ちゃんととる場合は絞りを調節したほうがいいと思います。

ちなみにわたしはプラナーが一番のレンズと思っている人です。
なので、買って正解だったなと思っている口です。
もう少しX-M1になれないと明るすぎる感じですが、今後の練習しだいでしょう。
瞳にピントがしっかり合っているので、X-M1の独特のピンとあわせにも慣れてきているようです。
完成したお人形たちはX-M1+プラナー50mmF1.4+スピードブースターの組み合わせでとっていこうと思います。
記録写真としてはE-PM2+ノクトン25mmF0.95が使いやすいので、今までどおりといった感じでしょうか。
思いのほかプラナー50mmF1.4+スピードブースターの組み合わせが良い感じなので、いつかはプラナー85mmF1.4もほしい感じです。
お金があればの話しですが^^;
ちなみにマイクロフォーサーズ用にもスピードブースターはあるのですが35mm換算で2倍のところが1.4倍ぐらいになるそうです。
1倍になったらよかったのに、と思っている感じです。
いろいろな記事を見ているとスピードブースターは角の部分がちょっと甘めになる傾向があるそうですが、わたしのようにスクエアフォーマットを使う人にはあまり関係がないようです。
参考までに。

PageTop

こんな感じに。

人形602

気になっていた点は修正しました。
あとは、のんびり眺めていて、ん?と思ったところを直す感じです。
石膏型で一番厄介なところは小鼻と目頭だとわたしは思っています。
前回はパーティクルラインが根本からまちがていたので^^;
今回はそういったイージーミスを起こさないようにじっくりいこうと思います。
ちなみに、カリ石鹸は1塗りで十分であることが判明しました。
塗って、ピカピカに磨くことが重要な感じです。
お人形はお顔が命といいますが、わたしは多分その流派です。
真っ白い状態でかわいく見えることが重要だと思っています。
原型がかわいかったら、着彩してもかわいいお顔になると思っているので。

PageTop

年金って。

写真ないです。

ここでいう年金は障害者年金のこと。
今日は、その手続きにいって来たのですが、あれは無理ですね。
鬱病の人にとっては特に。
わたしのように10年以上治療を続けてる人には特に取れないようになっています。
取れないようにというのは、初診の証明が必要ということ。
10年以上も治療をしていると病院を変わったりとかもするので、初診にたどり着くことが難しい。
10年の月日は病院自体がなくなっているということもあります。
10年以上前の領収書とか残っているものなのでしょうか。
年金基金の人間のいっていることは無理難題を押し付けてきます。
電話で確認して病院はなくなっているがどうしたらいいかを聞いて、次の病院のものでも可能ですよと、いわれたのですが、現場に行って手続きに入ると初診の証拠が必要ですといわれます。
もう病院がなくなってるからこれでいいといわれたんですよ~といっても。初診が必要だといいます。
病院はもう廃業してないんですよ~というとそこの初診のもの、または領収書が必要ですといわれる。
5年以上のカルテの保管は義務ずけられてるけどそれ以上はないと思いますがというと、初診のもの、または領収書が・・・。
今かかっている先生が言っていた。障碍者年金が取り難いということはつまりこのこと。
短い期間での病気には対応可能だけど、長期間治療している人には、きわめて取り難い、取らせる事を前提にしていないことがわかりました。
ようは受け取れないようにあの手この手で阻止するようになっているわけです。
書類はもらってきたけど、特に書くこともないので、先に病院の証明書を書いてもらった5000円が無駄になったというよりも、その話を聞いたら、取るだけ無駄なことが判明しました。
電話口に説明した年金基金の人間はそのことを知らなかったのでしょうか?
それとも、無駄にお金を使わせることを知ってたのでしょうか?
たぶん、そういった多種多様な要因を理解している職員はいないと思いました。
お役所仕事。
そういってしまえば終わりですが、本当に病気になって働けなくなっている人には凄く厳しい条件を押し付けてくる場所であることはわかりました。
うつ病になったら領収書を残しておくことをお勧めします。
10年前だろうと20年前であろうと絶対必要になります。
病院がなくなっていなくても5年以上前だとカルテがなくなっていることのほうが多いようです。
なので初診の証明は取れる確率は低いです。
いや、それ以前に、書いてもらう先生に初診であると書いてもらうほうがいいのではと思えます。
前病院からのとかかれると、なくなった病院でもその証明が必要になります。
まぁ、障碍者年金はもらえたらものすごくラッキーな人、選ばれた人といえると思います。
引越しとかしていろいろと整理していると昔のものなど捨ててしまいます。
病院は変えちゃだめとかいろいろです。
年金基金の人間は申し訳なさそうに頭を下げていましたが、あれはいつものことだから特に何も考えていないと思います。
障碍者年金を支給したら、多分負けたことになるのだと思います。
今日、わたしの話を聞いた職員は勝った!と勝ち誇っていることでしょう。
まぁ、マッチの500mlが100円で買えたからいいかと思うことにします。

PageTop

途中経過。

人形601

良い感じになってきました。
前の子よりもいい表情になってきているのが気になります。
作り続けることは良いことだと思います。
作るうえで、そのときの感情なり、心情なりが反映されるわけですが、具象作品はわかりやすいものだと思います。
まだまだ気になる点があるので、いろいろと触ります。
なので途中経過です。

PageTop

直し中。

人形600

お顔直し中。
前と違うお顔になってきました。
う~ん、やっぱりお顔は一期一会です。




拍手のお返事です^^

つづきを表示

PageTop

手続き。

写真ないです。

今日は病院に行ってきました。
まずは精神障害者手帳の申請です。
といっても、手帳が届くまでには2ヶ月以上かかるそうです。
さすがはお国のお仕事です。
時間かかりすぎだと思います。
その間に死んじゃうことはないだろうということでしょうか。
なので先生ものんびりとした感じです。

その後は区役所にいって自立支援の手続きをしました。
こちらはうって変わって丁寧な感じです。
やはり人の目がつくところはちゃんとしているのでしょうか。
親切丁寧に教えていただきました。

そして、家に帰ると障害年金の書類が届いていたので、前にかかりつけのお医者さんにこの書類を書いていただけますか?とファックスして確認しました。
障害者年金の書類も変わっていて、一番最初に診察したところの証明が必要なのです。
今、一番酷いのだから、今でしょ?と思うのですが違うようです。
ちなみに、病院自体が廃業していたので次の病院のでもいいらしいです。
手続きがめんどくさいというよりも、年金出したくないということが伝わってきそうな感じです。
あした、東京の病院に書類を出す予定です。

最近は手続きばかりしていて、お人形がまったく作れません。
これから、家のリフォームも始まるので、さらに製作ができません。
家にいるのがわたしだけになるので。
母は兄のところに手伝いにいっているので水曜日と日曜日ぐらいしか家にいません。
ペットボトルのお茶を工事の人に出しておけばいいとは思うのですが、一応見張りしとかないといけないので。
現場監督がいるから大丈夫だとは思うのですが、一応大手メーカーに頼んでいるので。
後は、わたしがどこまで持つかが問題。
しんどそうです。

PageTop

一期一会。

人形599

痛々しい感じに;;
石膏型失敗しました。
何とか原型は取り出せたのですがかわいそうな感じに;;
同じお顔が作れないからビスクを目指すのですが、石膏型を失敗するとそのお顔は2度と復元できません。
昨日の疲れもあったし、なんとなくいやな予感がしたのに敢行してしまったのが失敗の元でした。
体調不良のときは無理はしないことですね^^;
悲しいけど、次はもっとかわいい顔にしてあげますと思いました。
まずは今回の教訓として。
・体調が悪いとき(症状が出ているとき)は石膏取りしない(無理はしない)。
・悪い予感がしたら、やめる。
・座った場所が悪かったときはめんどくさいことはしない(教室では)。
で完璧です。
お人形の顔は一期一会、だから粘土で作る人もいるのだと思います。
同じ顔が作れない醍醐味でしょうか?
でも、わたしの場合は同じ顔が作れないからビスクを目指すわけです。
ただ、作っているだけでは趣味の域を脱しないから。
売れるものが作れてはじめて作家さんなのだと思います。
なので、粘土では作家さんを目指せないのに気がついていたので、ビスクを習っているわけです。
カリ石鹸を落とすのにやすりで磨くのでこのお顔の形はなくなってしまうけど、このお顔はとってもかわいいと思います。
今回のことを教訓に、かわいそうなことになってしまう子が出てこないようにがんばりたいと思います。
粘土の湿気が取れたら、やすりで磨かなくては!

PageTop

今日はお疲れさんモード。

いっぱい人にあうと疲れて疲れてしょうがありません。
あまりに疲れすぎると昔のことを思い出します。

わたしが始めてうつを発祥したとき、それが原因で会社を辞めるときに、そこの社長から投げつけられた言葉を。
そのことが疲れすぎると、頭の中をその言葉がよみがえってきます。
過重労働の果て40kg台まで体重を減らして、正常に判断できていたかは不明ですが、会社を辞めると決まったときに放たれた言葉。
「裏切りもの」でした。
ショックというよりも何を言っているのかが判らなかった記憶があります。
今にして思えば、会社がかした過重労働で病気になった人によくもまぁ、いえたせりふだなと。
その当時60台ぐらいだったと思うので俗に言う団塊の世代という人種はそれほどえらい存在なのかと。
その時点からわたしに「裏切り者」というレッテルがついたわけですが、「裏切り者」の末路は孤独との戦いです。
人に誘われて、東京に出てプログラマーをしていましたが、まぁ、仲間意識というものが希薄な環境です。
もともと一人で何でもこなすように教育されていたので、まずまずな仕事具合でしたが、会社の状況が悪くなって、部署ごと他の会社に移籍することになったりもありました。
そのときの社長は目もあわせようともしなかった記憶があります。
売れるものは売ってしまう。
ものも人も一緒なのね~、と思ったものです。
その会社の社長の名文句は「人財」でした。
で、その移籍先の会社で最終的には、部署の縮小という上場企業の良くありそうな人材整理で、孤立させられうつがさらにひどくなった感じです。
周りの人間が助けられないようにしたのか助ける気がなかったのかはわかりませんが、孤独のうちに傷病休暇になりました。
さすがは上場企業です。
1年半は面倒を見てくれました。
「裏切り者」で「売り物」で「孤独者」の生きる目的などなしに等しいわけですが、唯一の心のよりどころが人形制作だったわけです。
人形制作をしていなければ、確実に絶望とともに孤独死していたと思います。
上場企業に傷病休暇がなかったら死ぬしかなかったわけなのですがら、ありがたいことです。

うつはいまだによくはなっていません。
でも、人形が作れているうちは死ぬこともなさそうです。
でも、疲れすぎるとこのようなことを考えています。
最終的にはお人形作ってあげないとと思う感じです。
ひどいときはここにたどり着けないのですが^^;
正直、わたし以外のひとのための人形制作はないと思っていました。
でも、新しい技術を覚えると、たくさん作れるようになるので、売れたらいいな~となんとなく思っているときもあります。
でも、1番にできた子は自分のものだけど。

PageTop

体調が悪いです。

写真ないです。

いまは家のリフォームの準備でチョコチョコと整理をしています。
メインは祖母の部屋なのですが、わたし的には庭と庭奥の作業スペースが気になります。

庭は大きな灯篭を倒して。その石をどうするかということ。
石を庭の横に寄せてロックガーデン風にする~感じ?でしょうか?
とりあえず,石が大きすぎて住宅地に囲まれた庭では外に出すことも不可能。
石を割るのにも根気が要るし、2トンぐらいある石があるので何でそんなもの庭に置いたの?的な感じになっています^^;
飛び石とかも邪魔だし。
ワンこのおトイレになってる感じですので^^:

そしてメインは庭の奥の作業場。
わたしのスペースになるのですが、そこに電気窯を設置します。
ついでに3畳ぐらいの物置もあるので、そこに工作機械をいれる予定です。
雨にぬれないようにカーポートとかで使う屋根をつけます。
ブロック塀に囲まれているのでうまく使って雨風がよけれるように工事してもらえる予定です。

このわたし個人がかかわっている場所はとくに掃除とかしなくても良いのですが、祖母のスペースが曲者で。
がんがんごみに捨てているのですが、でてくるでてくる。
いっこうに終わりません^^;
祖母のスペースの工事の工程は後半部分なので、当分は大丈夫なわけですが、わたしの150kgする工作機械をはやく納屋に収納したいです。
そうすると、玄関の4畳半ぐらいのスペースが開くので。
最終的にはこのスペースはわたしの教室用になる予定ですが、人に教えるということが大の苦手なので、たぶん外から見える作業場になるのではないかと思います。
外から見えたら、興味のある人がのぞきに来るかもという寸法ですが、そもそも、お人形をほしいという人がいるのかは不明です。
関西地区にお人形の教室が少ない、お店が少ないのには何かしら訳があると思うので。
メインはヤッパリ、東京のイベントとかが中心の活動になるのかなと思います。

掃除を朝からずっとやっていて、体調がおかしくなってきました^^;
安静にしておこうと思います。

PageTop

2回目。

人形598

右は2回目の型抜きです^^
今回はきれいに取れました。
石膏型がきれいになってきたからだと思います。
目のくりぬきは自分でしました。
前回のお顔は先生がしてくれたので目がまぶたぎりぎりまできれいに削られていましたが、今回はわたしがしたのでいい感じに自分のものといった感じになりました。
わたしのお人形の表情の出し方としてはまぶたの厚さが結構重要だったりするので。
もう少ししっかり乾いたら、きれいに磨き上げます。
次の子の顔はカリ石鹸を塗ってぴかぴかに磨いたので型作り待ちです。

この日曜日は手のビスク抜きをしたのですが、1回目だからか、複雑な型だからかうまくいかなかったです^^;
石膏型自体はちゃんとできているので、1回目だから~だといいなと思っています。
最終手段は握りこぶしか~と手の造型は難しいです^^;

で、日曜日教室でがんばっていたら、月曜日は疲れすぎてか症状が出ていました。
睡眠薬のときとは比べ物にならないぐらい楽だったのですが、それでも動くのはなかなかの億劫です。
今日もちょっとだる目です。
がんばったら、全回復?までに2日間は必要といった感じでしょうか?
年だからでしょうか^^;
今日はだる目ですが動き回れるので、ある意味許容範囲です。
昨日はチョイきつめでした。
がんばりすぎることはあまりよろしくないのですが、まぁ、目標があるので。
次のドルフェスに完成した子を連れて行きたいな~と思っています~。

PageTop