くろプラ日記

今日は体調不良。

写真ないです。

今日は調子が悪いな~と思っていたら、台風近づいているのですね。
気圧の関係とかでも影響がでるようです。

お人形の下地を紙に塗って、機能の発見を試そうと思っていたのですが、なんとなく調子が出なくて、ぼ~っとしていました。

台風こなければいいのに、ちなみに天気が悪いときも影響を受けます。

で、今日は何をしていたかというと。
CNCを頼んだので、その手の勉強と今後の機械の利用法を含めて勉強しています。
勉強といっても、3Dのモデリングソフトで人体を作っている感じです。

そう、CNCで彫刻もできるのです^^
そのために人体モデリング・・・。
難しいです。
フリーの人体データとかを眺めつつ研究中です。
完璧な人体データだと要らないところがいっぱいなので、自分で作る感じです。
ポーザーとか、すごく細かく作っているのですが、そこまでいらないということです。
自分で作ってしまえば、わたしのものなので、いろいろとうまい人のを見つつ研究といったところでしょうか?

ちなみに使っているソフトは六角大王。
気がつけばいろいろな機能が追加されていました。
アニメーションとかもつけれるようになっていました。
でも、必要なところはモデリングの機能だけです。
なので、他の部分は勉強していません^^;

昔に少しかじっていたので、今役に立つときが来た感覚です。
うまくできるかは努力次第といったところでしょう。
昔と違ってパソコンの性能がよくなっているのでさくさく動く感じです^^
昔は動作が重かったな~と、いらいらしながら作ったことが懐かしく感じます。
時代がすすむといいことがありますね^^

PageTop

真ん中のがいい感じです^^

人形436

真ん中のグラデーションがきれいに出ました。
使ったものは透明のアクリル絵の具にスロードライブレンディングメディウムです。
乾くのが遅くなるメディウムです。
乾くのが遅いので良くのびます。
粘度が強いので絵の具が下地に吸い込まれにくく、これまた良くのびます。
なので、境界の部分がきれいにグラデーションがかかりました^^
欠点といえば、乾くのに時間がかかること・・。
油彩風な効果がでるので結構優れものです^^
乾く時間以外は。
あと、下のほうもそれで塗ったのですが、てかっています^^;
目の粗いスポンジだとこうなりました^^;
真ん中のものは目の細かいパステルの粉をのばしたりする用のスポンジです。
見事にだまの部分がなくなりました。
粗めのスポンジのテクスチャーもいいな~と思ったのですが、細かいほうが良い結果が得られる感じです^^
子のスポンジにもう少しなれてから本番かなと思っています^^

PageTop

薄くなりやすくなりましたが・・・。

人形435

アクリル絵の具を透明のものを選んで練習塗り。
薄くなりました^^
ペインティングメディウムで薄める感じです。
お水だとアクリルの粘着力が薄まってしまうので、これを使います。

ですが、ここで思ったことはグラデーションがうまくできないこと。
スポンジで叩きながらグラデーションができませぬ・・・。
理想的にはエアブラシの感覚で~なのですが、う~んといったところです。
叩きながら塗っているとあまりのびないなという感じです。
すぐに乾いてしまうのか、下地の吸い込みが強力なのか?
エアブラシ的な感じにはならない感じです。
画材が違うから当たり前なのですが・・・。

これならば、いつもどおりエアブラシのほうが良い結果が得られそうです^^;
この透明アクリル絵の具を使ったらエアブラシでも重ね塗りの効果が出るのかな~とふと思いました。

どうするか悩みどころですね^^;
エアブラシのほうがなれているので良い結果はえられると思うのですが~。

PageTop

なるほどと思いました^^

人形434

昨日の夜に実験していました。
お人形の下地を塗ってみた上に着彩してみました。
発色はいい感じですがやはり透明感が・・・。

と思っていたら、enさんから助言が!
アクリルには透明と不透明があるということを知りました。
で、使っているアクリルを調べてみたら、1色を除いて全部不透明のアクリル絵の具でした^^;
なるほど、なかなか透明にならないわけです。
一番良く使うホワイトも不透明・・・。
そりゃならないですよね^^;

で、さっき、ネットで調べて使っている色に近い色の透明のアクリル絵の具を頼みました。
アマゾンとかは早いけど、画材屋さんのやっているサイトだから、来るの遅そうです・・・^^;
たぶん、今日は休みだから早くて月曜日発送の火水のどっちかに届くが最速でしょう。
のんびり待つことにしましょう^^;

PageTop

うまくいきませぬ・・・。

人形433

うまくいきません^^;
メディウムで薄めすぎなのかな~?
薄めすぎるとテクスチャーがつぶれてしまう感じです。
う~ん、わからないです。
エアブラシのほうが早いのでは?と思ってしまいますが、個性がでないので。
エアブラシはとにかくきれいに仕上がっちゃうので・・・。
ヤッパリここで、暗礁に乗り上げた感じです^^;
エアブラシでシューと簡単に仕上げるのではなく、何かもうひと手間加えてクオリティーを上げようと思っているのですが・・・。
アイミ氏の書籍では下地にパステルでとなっています。
わたしのやり方の下地にエアブラシで仕上げちゃうに近いものがあると思います。
もう少し存在感を出したいんですよね。

で、吉田式に法を見直してみると、グリーン系で塗るのは肌を白く見せるためのひと手間・・・。
つまり、下地にさらに色の下地をしましたってことか。
今まで気がつかなかったですが、肌色を塗っているところは載ってないのですね^^;
つまり、グリーン系で字路さを強調するために薄く塗り、ほっぺとか赤みのあるところをピンク、又は赤に塗った、で詳細の塗りに入っているので、肌色は企業秘密的な感じなのかもですね。

ということは下地とそうした紙に練習したほうが効果的なのかも。
一度それでやってみようと思います。

PageTop

てかてか。

人形432

肌色の色塗りの練習・・・・。
練習してよかった^^;
このままいっていたら危ない感じですね^^;
水で薄めるとアクリル絵の具のくっつく力が弱くなるのでメディウムでのばしたのですが濃いですね^^;
う~ん、難しいな^^;
もっと薄い感じで重ねていけばいいと思うのですがなかなかできません^^;
紙に練習してから、納得のできる感じになってから本番がいいようです。

ひだりは海綿でしました。
みぎは海綿風スポンジです。
偽のほうが良い結果がでている感じがします。
海綿のほうは結構目が粗かったので(目の細かいものを選んだんですけどね^^;)
着彩は海綿風スポンジでしようと思います。
てかてかなのはメディウムのせいなのかな?
マットのものもあるのかな?
天王寺に探しに行くと数日はダウンだし・・・。
考えちゃいますね^^;

油彩の透明な感じってアクリルで出せないのかな?
乾きにくくてよく伸びるから表現できるのかな?
う~ん、でも、油絵の具くさいから嫌いなんですよね^^;






ここから個人的なこと。

といっても、CNCルーターのことですが。
キット販売のところにオーダーメイド的なことができて、この仕様だといくらぐらいかかりますかって聞いてみたら、まぁ、予想通りの金額だったので、普通だなと思いました。
ほしいのですが、買うこともできるのですが、家族がなににつかうんだ?どこに置くんだ?と難色気味。
マァ、安い買い物ではないですし、場所もとっちゃうわけです。
1000mmX500mmですから。
場所は、そっとわたしの狭い部屋に置くとして、何を作るかですよね。

1つ目の目的はお人形の箱を作りたいということ。
桐箱にあこがれてて・・・。
マァ、実際は桐では作りませんが、ああいった箱を作りたいのです。
母には人形の値段が上がるじゃないか!といわれましたが、そういった問題ではないのです^^
ある意味、山登りに近い感じでしょう。
山があるから登るみたいな・・・。
山は登りませんが、箱がほしいのです。
と、ほぼ趣味的な感じですね^^;

2つ目の目的はスピーカーの箱を自作したいのです。
CNCルータとかいらないんじゃないの?と思われるでしょうが・・・実際はなくてもいい訳ですが・・・。
のこぎりとドリルがあればできちゃうので、精度を気にしなければ。
それ以前に専門の業者さんにきってもらってるし・・・。
と、こちらもほぼ趣味のこじ付け的な感じ・・・かな^^;

このままでは目的がき薄すぎる感じですね^^;
まぁ、わたし的にはこれだけの理由があれば十分なのですが、ほかには何ができるのかを考えていませんでした。
もともとは、自作でCNCルータを作ろうと思っていたので、必要とされる道具などと業者さんに木を切ってもらうことを考えて割り出した見積もりと、キット販売さんのところの見積もりがそれほど差がないことがわかったので、それならば、専門のキットメーカーさんのものでいいかな的な感じに答えが出たわけです。
小さめのものを買ってそこから制度のある備品を作って大きなルーターをつくろうかなと思っていたのですが、自分のほしいサイズのものでオーダーができることとで、ルーターを作るという目的がなくなってしまったわけです。
あ~、これを基にして2000mmぐらいのルーターを作ればいいのか。
置く場所がないですけどね^^;
なので、もうちょっとまともなものに使える方法はないかを検討している最中です。

3つ目の目的として木工に使うということが考えられるわけです。
といって、木工していたわけではないのですよね^^;
興味はあったのですが、若かりしころは道具が高くって・・・。
電動はドリルぐらいしか持っていませんでした。
ああ、後、チェーンソー持ってます。
木材を人型に削って人形の芯にできないかの実験で使っていました^^;
そのぐらいでしか木に触ったことはない感じです。
家具が好きだったので、自分で作れるかということも考えたものですが・・・。
で、久しぶりに木工の雑誌とかを探していたのですが、売ってないのですよね?
結構昔はあったような気はしていたのですが、今は月とかででるものはなくなっちゃったみたいです。
わたしが買っていた昔のものを見ているのですが、ピンポイント的なものがないのです。
何か、しっかりした目的があればいいのですが、しっくり来るものがないのです。

お人形の箱もスピーカーの箱も木工なのですが。
CNCるーたーはお金を生む機械ですよということを証明する、なにか妙案が思いつかないのがわたしの欠点ですね^^;

PageTop

微妙に体調不良^^;

写真ないです。

組んでいたお人形は分解しました。
間接部分の塗料が長く接しているとくっついたりするのでそれを避けるためです。
塗装をし終えたら、関節の部分には生地か皮でクッションをつけます。
こうすることによって関節の部分の塗装がくっつかないようにするのと、関節が曲がりやすくする効果があります。
摩擦が減って滑りやすくなるということですね^^

体調不良の原因としては夢が大きな役割を果たしています。
ひどい夢を見ると動悸や呼吸不全的な感じになって起きるのですが、今日の夢はあり地獄的な感じの夢です^^;
時間に追われているのにでられないてきな感じです。
大きなホテルのホールなのですがあり臼状になっていて、床はよくワックスがかかっているらしくシュパーッと滑って移動できるのですが臼状なので上までいけないという感じです。
上のほうにエレベーターがあるのですがどうやってもたどりつけないといった感じです。
ホテルの人もしっかりはシュパーッと働いているので、テーブルやキッチンもありました。
時間に追われながら人を避けつつテーブルを避けつつ、滑り続けてエレベーターにたどり着けづ的なことを延々としていました。
時間に追われている意味もわからないですが、ストレスのたまる夢を見ていたせいか動悸とともに目が覚めました^^;

今日から肌色を塗ろうと思っていたのですがどっぷり下がった状態ではなかなか・・・。
吉田式の本を片手に塗り方のコツを見ていました。
肌の表現をどのようにするか。
美術の本とかを見て研究している感じです。
昔のように学生のころなら、全盛期だったので、見てなんとなくどうやってるかはわかっていたのですが、今改めてみると、そういったセンスって退化するのね^^;と痛感しているところです^^;
昔だったら、筆のタッチでこういった流れで描いているのかってわかったんですけど・・・。
本は写真が小さいからタッチまで見えないということもあるのかな、と思いつつ思考をめぐらせている感じです。

理想的にはブーグローの肌質なんですけどね~。
難しそうです^^;
この人の肌の表現の方法はすごく柔らかくって、う~んすばらしいヌードを描くとしたらこの人のようにかけたら楽しいだろうなと思っている人です。
天使や子供の肌の柔らかさやあたたかさきれいさがいいなとおもっているのです。
ちなみにこの時代に子供という概念がヨーロッパでできたそうです。
それまでは小さな大人的な感じだったそうです。
大人のやるような仕事もしてたし、お酒もタバコもやっていて恋愛とかもしていたそうですから。
この時代になって子供は庇護するもの的な感じの概念ができたそうです。
美術の窓の6月号に書いてありました。
ぬくもりの表現という特集だったので、役に立つかなと思って買っていました。

今日はぱっとしないので、これらの書籍を読んで頭のなかでイメージを膨らませている感じです。
しかし、今日の夢はストレスたまったな^^;

PageTop

下地完成^^

こんな感じになりました^^

人形428

お顔^^

人形429

お手手^^

人形430

あんよ~^^

人形431


2回目の下地がしっかりできているので、軽く磨いただけです^^
粒粒の部分をなめす感じでやめました。
あまりつるつるにしてしまうと、肌的な感じよりも磁器的な硬質なイメージに近づいてしまうから。
スプレーガンの作るテクスチャーが結構いい感じになっているので、それは使ったほうがいいかなと思ったわけです。
筆で塗っているときに比べたら、格段に手間がかかっていないです。
スプレーガン便利すぎる道具です^^
エアブラシを使ったことのある人だったら結構すぐなれそうです。
気をつけることはコンプレッサーの馬力が1馬力はないとだめってことです。
あとはスプレーガンには低圧と高圧があって、1馬力のコンプレッサーなら、低圧のものを選びましょう。

く~ちゃんとプラチナはエアブラシで塗装をして、細かいところをパステルでお化粧していたのですが、今回は、アクリル絵の具で塗装してみようと思っています。
エアブラシはきれいに塗れるのですが、すべすべになりすぎてしまうのですよね。
もう少し、やわらかい風合いにしようとたくらんでいます。
時間をかけて塗っていきたいと思います~^^

PageTop

今日は体調不良。

昨日、がんばりすぎたので、今日は朝から調子が悪いです。
何しろ5時に目が覚めたので。
大体この時間に起きるのはその日の体調が悪いからです。
なので、調子が悪いです^^;

まぁ、昨日のスプレーガンの吹き上がりが良かったので、今日は休暇 ということで。
思ったのですが、吉田式の本の通りの分量が良いようです。
あの本に載っているお人形たちの肌のテクスチャーはどうやってできてるのかが不思議だったのですが、解決しました。
いいな~と思っていた感じのテクスチャーになったので^^
1回目のときは塗料少なめでしゅーしゅーしていたので表面は結構滑らかな感じでしたが、水分が多かったので。風の力で波うっている感じの波紋ができたりしていました。
2回目は本の通りの分量と、塗装の吹きつけの量を多くしてみました。
うえ、したと一往復で塗れる感じでしょうか?
言葉だと難しいのでなんとなくで^^;
水分が少ないので波紋も出にくいし、インクの量と粘度がいい感じに傷を埋めていってくれました。
最初からそれでやっていたらよかったわけなのですが、やってみないとわからないことなので、あまり、自己流にはまると、いい結果のものが悪いことになることもあるという感じですね^^;

ちなみに、粘度がなくて塗料の量が少なめでしゅーしゅーすると、きれいに傷が残ります^^;
で、きになってシューシューしすぎると波紋が程なく完成します^^;
結構大胆目がいいようです。

一回目の塗装の失敗を噛み締めつつ、2回目のできのよさに満足しつつ、1回目の失敗を悔やむ感じですね^^;
あとは、分量を2倍準備しておけば大丈夫といったところでしょうか。

胡粉のバージョンのほうが細かい分量が出てないところを見ると、ちょビット企業秘密的な感じなのかもしれません。
自分で考えろってことなのでしょう。






ここからは個人的なこと。

まぁ、CNCのことなのですが、ボールネジとか買うことを検討しようともう少し踏み込もうと思ったら、会社名を記入しないといけない感じで、むむ、と思い、早速電話で確認しました。
企業間取引だそうです。
いいサイトだったのですが残念な感じです;;
うその名前を入れちゃうわけにもいかないし、今の会社の名前を入れるわけにもいかないし・・・。
見事にわかりやすいサイトだったのですが、個人には売ってもらえないそうです。
で、最初に戻ってしまったのですが、一応、ボールネジを売っているサイトもあるのですが、非常にわかりにくいのです^^;
なんとなく、オーダー間違っちゃうよ感がいっぱいで、購入を断念せざる終えない感じです。
こと細かくわかりやすい説明、図面があるとわかりやすいのですが、そうでないので、経験のない人だとわけがわからない感じです。
わけがわからないので断念しました^^;

そう考えてみるとキットで買うほうが楽なような気がしてきました。
といっても、フルキットを取り扱っているお店は2件ほどでしょうか?
もっと探したらでてくるのでしょうか?
ぐーぐるの検索方法がいまいちなのかもしれません^^;
とりあえずは、キット方面を検索しツツといった感じでしょうか?
大き目の加工を目的にしているので、なかなかサイズにあったものが見つかりませぬ^^;
お人形が55cmぐらいなので60センチの箱を加工できるといいな~と思っている感じです。
ないかな~。

PageTop

下地再度吹き付け。

人形427

どうやらコツをつかんだようで、きれいに吹けました^^
あと、吉田式のモデリングペーストの下地の分量ですが、本の通りが良い結果を出しました。
ちょっと粘度が高いかなと思って、前回は水を150ccから200ccにしていたのですが、今回はしっかりした感じの下地になりました。
モデリングペースト300cc、ジェッソ50cc、水150ccと下地の色でいい感じも状態になりました^^
本の分量を正として考えるほうが良い結果がでる感じです。
しっかり乾かして、ザラッとしてるところを軽く磨くだけでよさそうです^^

ちなみに、スプレーガンで下地をするときは上の分量だと3回ちょっとぐらいしかできない感じです。
5回とかはスプレーできないと思います。
あきらめて2回分買って、6回ぐらいスプレーしたほうがしっかりした下地ができるかもです。





ここからは流行のものの話です。

CNCルータを自作しようと思っていろいろと必要とされる部品の値段を調べています。
位置の精度を出すためのボールねじやリニアガイドなどを調べています。
メーカーのサイトを見ていると出来合いの1軸ユニットなどもうっているのですが高いです。
ただ、ボールねじとリニアガイドと必要とされるこまごまとしたものを集めると、完成されている1軸ユニットの金額に肉薄します。
ボールねじを台座ねじに変えたり、リニアガイドをシャフトに変更すると安くで抑えられるのですが・・・。
せっかく作るのであれば、最初から自分の望んだサイズのものを作ったほうがあとくされなさそうなのです。
ボールねじとかリニアガイドとかわくわくするんですけどね~。
値段がね^^;
木工の作業を減らそうと思うと、どっちにしてもお金がかかってしまうのですね。
そこを何とかできるといいのですが。

でも、値段とか、組み立て予想を考えて部品をピックアップするのってたのしいですよね^^
買う過程が楽しい、まさにその通りな感じです^^

PageTop

下地薄かったか^^;

人形425

磨いてみました。
が、下地が薄かったのか、磨きすぎか、粘土の層が見えちゃいました^^;

人形426

修正してみたんだけど、いまいち^^;
下地の層が薄いのであれば、もう一回モデリングペーストを吹き付ければいいわけです。
肌色もちょっと薄かったので、もう少し濃くできるようにしようと思います。

まぁ、拭きつけ3回で下地剤がなくなったので薄かったのかもしれません。
スプレーガン、便利だけど結構無駄にしているところもあるようです^^;
ふで塗りだと、吉田式の本に載っている量だと大量に残るんですけどね^^;
背中の粘土層が見えたところはジェッソで補強したので、その上から吹きつけようと思います。

PageTop

下地」塗りました^^

人形424

スプレーガン威力絶大です!
この工程大体4,5日以上かかるんですけどね^^;
前は筆で塗って乾かして、筆目を消して、また塗ってを繰り返すんですけど。
がんがん塗れます^^
筆目がつかないのでそれを消すという工程が抜けると絶大に早くなります^^
目でリングペースト300cc、ジェッソ30cc、水200cc(本だと150cc)に肌色を作ってミキサーで混ぜました。
絵の具の状態だと結構濃かったのですが、スプレーするとだいぶ薄いです^^;
なんとなく色がついた感じですが、下地はしっかり塗れた感じです^^

後はしっかり乾かして目の細かいやすりでザラッとしたtころとかを磨いてあげればいい感じになりそうです。
こつをつかめば修正の工程も少なくなりそうです。~^^

PageTop

今日は体調不良^^;

激しい動悸で目が覚めました^^;
くるしい!しぬ!(死ぬことはないそうです)という感じで目が覚めたので、精神安定剤を飲んで、安静にしている感じです。
動悸はましになったのですが、寝ながら苦しんでいたのか疲れがどっとある感じです。
塗装やる気まんまんだったんですけどね^^;
体調が悪いときは失敗することが多いので、下準備に明け暮れようと思います。

非常にやな夢を見ていたからでしょうか?
一定の人が出てくる夢のときは大体動悸で目が覚めます。
猫人間のときは元気はつらつに起きるんですけどね~。

PageTop

スプレーガンの準備。

人形423

いつ、吹きかけてもいいようにできました^^
なんだかんだで3時間・・・。
準備だけでも時間かかります。

エアブローがどのぐらいの強さなのかわからないので、結構しっかりと準備しました。
吹きかけてお人形とんでっちゃった!とかないように^^;

手と足は針金2本使って固定しています。
太目のもので引っ掛けていたのですが、揺らすと落ちてしまったのでもう1つの細いほうの針金でキュッとしています。
これで飛んでいくことはないでしょう^^

これ以上すると体調が悪くなってくるので、今日はここまで。
あした、下地の吹きかけをしようと思います。
うまくいくといいな~。




マイブームな話です。

まぁ、自作CNCフライス(ルータ)のお話になるのですが、ちょろちょろっと図面を書いて、必要とされるアイテムを調べ上げ、木工加工を業者さんに任せていくらになるんだろ~的なことをやっています。
ネットで木工加工の業者さんのサイトがあって見積もりとかを自動でできるのですね!
世の中便利になったものだと思うのですが、ほとんどの人は使い方がわからずに挫折するんじゃないかなとも思えましたが、何とか挫折せずにやってみました。
結果としては、ハンパナイ金額になりました!
なんだろ、精度出そうと思ってボールねじとかそこらへんのオプションでお金か買ったのかな^^;
木工加工もけっこうします。
道楽で完全自作は結構リスキーな感じです;;

機械図面なんか1発でちゃんとかけるわけがなく、作っていって、あれおかしいじゃん的なことがあるので、その修正時間とか考えるとね^^;
主軸にお人形制作という分野があるので。
完全自作は無理かな~と思えてきました。

そう考えるとキットがいいのかなと思えてきました。
値段が肉薄してきたではなく、通り越しちゃったので^^;
いろいろこだわっちゃうとそうなることは明らかで仕方のない現実です。
スピーカーの自作もこだわっちゃうと結構な金額になりますしね。
そういうことです。

で、今はキットを販売されているサイトを放浪している感じです。
でも、一番の問題は置く場所がないということですね。
小さいのでいいやというわけでもないので、そこらへんはしっかり吟味していこうと思っています。

PageTop

コンプレッサー。

このコンプレッサーを買いました^^
1馬力です^^

人形422

低圧のスプレーガンで使える馬力の最低が1馬力なので、丁度ぴったりな感じです。
種類のよっては馬力不足ということもあるのでスプレーガンを買うときは気をつけましょう。

一応静音タイプなのですが結構音がします。
猫が逃げていきました。
夜使うのは禁止な感じです。
鉄筋コンクリートの密閉度が高い家なら外に漏れる音も小さいと思うのですが、実家はチョー古い木造なので音逃げていき放題です^^;
壁と柱の間に隙間あるし・・・。

ちなみにスプレーガンなのですがホースつけるところがねじだったので、カチッとつける器具が必要です。
リョービの付属品には最初からついていました。
至れり尽くせりですが、スプレーガンのほうは至れり尽くせりではなかったようです。
どの機種につくのかがわからないのでつけれないということもあるけど。
コーナンに買いに行こうと思います。

なんだかんだで1時間ぐらい活動していたので、今日は打ち切りです。
東京に行ってから体調不良が続いているわけですが、何かすると気分が晴れる感じです^^
ちょっとでも、体調がよいときは少しだけ活動すると気分的にいいみたい。
今日は、おお~^^うりさい~^^ぼこぼこぼこ(コンプレッサーの音)で気分がいいです^^

何もしていないと、気分は落ちる一方です。
寝てても起きててもしんどいつらいが続いていましたが、コンプレッサーのおかげで元気が出ました。
過保護は良くないということでしょうかね?
たぶん、性格上何かしていないと気がまぎれないのかもしれません。
うつがひどくなって休業してると、すごくひま、このひまが心を蝕んでいく感じです。
そういう意味ではお人形作りは支えなので、休まないほうがいい感じです。

そういえば、最近、夢を見たのですが、りんちゃん似の子と会いました。
なんとなく思ったのですが、わたしの作る子達は夢の中で会っている子達ばかりです。
猫人間のときもあれば、普通に人間のときもあります。
そして、自分が猫人間のときもあります。
そういえば、犬人間って見たことないです。
犬は忠実すぎて優しすぎるので擬人化できないのかもしれません。
猫は自分勝手でなので、擬人化しやすいのかもしれませんね。
今日は体調いい感じです^^

PageTop

今日もだめな日。

朝起きてもくらくら。
寝てても不眠だから1度起きると寝れない。
なんとなく落ち着かない感じで、家の中をうろうろ。
横になっているのがいいのですが、そもそも落ち着かないので、う~んな状態^^;
そういえば、お人形作っているとき、集中してると目の前が一瞬真っ白になったな。
あれは欝と関係してるんでしょうかね?
2日前ががんばりすぎたってことなのかな?
お人形の顔を見ていたら、悲しそうな表情に見えたから、精神的に落ちてきていることは間違いないんだけど。
薬が効くまでおとなしくしているのですが、心もとないな~^^;

PageTop

今日はおつかれさんです^^;

昨日の頑張りがたたったようで、朝から体調不良です^^;
薬飲んで横になって、元気になったらネットして、悪くなったら薬を飲んで横に、を繰り返し。

直接はお人形制作には関係がないのですがいつかはつながりそうな気がして、調べ物をしています。
いえ、わたしの中の流行ですが、CNCフライスというものがマイブームです。
いつかはお人形の桐箱製作に使うんだーと思っているわけですが、まぁ、機械ものの好きなわたしとしては、これが自作できるということに、なんですと~!!なのです^^

若かりしころは、マシニングセンタなどで加工していた時代もあり、そのときに欝になったのですが。
あのころは、中身のわからないブラックボックス的な加工機械にしか思えなかったのですが、キットで売っていることをしり、さらに、木製の自作CNCまで作る兵がいるとしり、おお~!!!っと思っている感じです。
木製とか精度どうなんでしょうかね?とも思えるのですが、ネットで調べていると、だいぶすごいのです!
目からうろこが飛び出しちゃったぐらいの衝撃です!

で、いろいろ調べてみると、のこぎり片手にという感じではないようです。
加工機械なのでx軸y軸z軸がちゃんと直角がでているかが、肝なわけです。

憶測で、こう思っています。
フレーム加工はCNCでしてるな、と。
送りねじやらモーターやらは、ネットで調べるとうっているところがあるので、そういった部品の調達は可能なわけです。
つまり自作する部分としては木工の加工、組み立て、後配線なわけですが一番の悩みどころは加工にあるのです。
この加工がちゃんとできないと精度がでないわけです。
ちなみに、CNCの制御する部分は結構安めで売っていたりします。
ここは作りようがないので巷にあるものを利用しましょう。
優れたソフトが結構安めで手に入りますが英語版です^^;

いろいろと見ていたら、結構作れるんじゃないかと思えてきました。
で、木工の加工部分以外の必要とされる部品やソフトをピックアップしていったら、結構なお値段に・・・。
自作は決して安いものではありませんという感じですが、自作キットのところにいってみると、なるほど、納得な感じです。
鉄でフレームを作っていてくれる分精度も出しやすいし、安く思えてきます。
コンピューター制御部分以外はそれっているのだから、自分で集めるよりもいいのではないかという感じです。

と盛り上がっているのですが、実際にはなかなかです^^;
お人形作りが中心なので、他の分野に手が出ません。
でも、お人形の箱を作るのにはいいのかなと思っている感じです。
精度のある板加工ができるのは魅力的です。
それ以前に置く場所がないですけどね^^;
ただ、ものすごく魅力を感じでいることは確かです。

PageTop

スプレーブース。

ダンボールがいっぱいあるので作ってみました^^
耐久性なさそうです・・・。

人形420

中身はこうなっています。

人形421

大きな箱と小さな箱を連結させて、小さい箱が丁度換気扇の場所になるようにしてみました。
小さい箱と大きな箱の連結の部分にキッチン用品の換気扇のフィルターをくっつけたら完成です。
で、ここでスプレーガンをがんがん使って下地塗装をする予定です。

PageTop

90度曲がります。

どうやったら曲がっているかを表現できるか考えていたら、変な格好に・・・。

正座とかペタン子座りとかできるとかわいいのでしょうけど、無理です・・・。
いつかわできるようにしたいものです。

人形418

お尻の穴も開けました^^
といっても尻尾をつけるための穴です^^
腰を分離させている理由は実はこれのためだったりします。
2本の紐でくくるのですが、一体型だと結べないので(指が入りません)^^;

人形419

ということで、次の工程はした地塗りです^^
粉っぽいのでそれを拭いてからですが。
で、吉田式で言うところのモデリングペースト下地をします。
今回のために1馬力のコンプレッサーと低圧スプレーガン(直径1mm)を準備しました。

ですが、スプレーする前にブースを作らないといけません。
ダンボールがいっぱいあるので、それを使って作ろうと思います。
窓に換気扇をつけたので、そこを中心に作っていこうと思っています。

PageTop

やっとここまできました^^

組み立ててみました^^
間接のスリットとかがまだだったりします^^;
ゴムを通す穴もアバウトにしすぎたのは失敗^^;
そこの修正をしたら下地にいけそうです^^
尻尾の穴もつけないと。

人形414

右手。
苦手な爪も何とかできました^^

人形415

こっちは左手。
右のほうに気になるスリットが・・・。
りんちゃんは自分用に作っているのでなんとなく作りこんでみました^^

人形416

あんよ。
何とか形になった感じです^^
やればできるじゃないかと思った型取り複製術でした^^

人形417

胴体の複製はこんなところでしょう。
気になった箇所や手や足は結構手を加えていますが大まかな部分は石膏型のままです。
磨いて微調整はしています。
手を結構加えてるから単純な複製ではない感じです^^;
石膏型の精度の問題でしょう^^;
発泡スチロールからの時間に比べればだいぶ早いと思います^^
日に2時間ぐらいが精神的に作業の限界値なので、そっちのほうが良くなったら、大量生産(無理か)も夢ではない感じです?

ランちゃんの胴体も作ったほうがいいのかな?
このまま、りんちゃんをすすめて完成までいった方がいいのか、悩むところです^^;
連続して作るほうがなれるとも思えるし・・・。
どうしようかな^^;

PageTop

足もうちょっと。

今こんな感じ^^

人形412
人形413

後は軽く磨いて終わりナ感じに・・・。
指と指の間をもっとがりがりしたほうがいいかもしれないですが・・・。
ぷっくり感で石膏取りしたので、うまいこと埋まってしまった感じです^^;
もっと大きな子を作るときは指の隙間を空けたほうがいいかもですね。
結構いいかもしれないと思ってしまったので、子の方向でいこうと思います。

手も修正中です。
ちょぼちょぼすすめています。

2時間ぐらい製作をして、その後、休憩していたのですが、ん~なんか症状でてるな~と思ったら薬飲むのを忘れていました^^;
あぶない、あぶない^^;






きわめて個人的なこと。

今わたしの流行はCNCフライス自作キットです。
マシニングセンタの小さいやつです。
パソコンでデータを入力するとその通りに削ってくれるのです。
たぶん、さっぱりだと思うので、簡単な説明を。
金属加工などに使われる大型のコンピュータ制御の加工機のことをマシニングセンタという感じです。
3軸制御が基本的な仕様ですが4軸などというものも存在します。
3軸とはx座標、y座標、z座標のことで3つの座標を変化させることによりいろいろな形に加工できるという代物です。
4軸は、あと回転というものがつきます。
ローランド ディー.ジー.が出している3Dプロッタなるものが有名です(一部の人の中では^^;)。
メーカーのものは機械とそれを制御するためのソフトが一緒にうっているのですが、マァ、高いのです。
加工領域が狭かったり、広くするととんでもない金額になります。
その代わり至れり尽くせりなわけですが。

そのような機械が自作できるということが、まずすごいということ。
加工範囲が広い(オーダーもできます)。
しかも、安い!
組み立ては自分でするわけですが、何気に機械加工と機械組立工も経験してたりするので、だいぶ興味があるわけです。
ちなみに、何を作るかが問題であるのですが、2つあります。

1つ目はお人形を入れる箱。
壷とか桐の箱に入っているではありませんか。
あれを作るのにほしいのです。
実際木を切って組み立てるとなると時間はかかるものです。
一番の時間のかかるところは木の切り出しです。
カットするのがめんどくさい。
頼むと結構お金がかかります。
自分ですると制度がいまいちだったりします。
そこをCNCフライスで削ってしまおうということです。

2つ目はスピーカーボックス。
スピーカーを自作するという趣味があるのですが、自前のスピーカーボックスを作りたいのです。
これも専門の業者があるのですが、難しいものは頼んでもいいと思うのですが、簡単なのものは1ヶ月ぐらいかけて作ってもらうのがもったいない感じがしてしょうがないのです。
専門の業者さんなのでばっちりなものができてくるのですが、そこも何とか自分でできないものかと思うわけです。

作り手の楽しみの1つといえば、作る過程が面白いという考え方があるので、私も、それに近いものがあるようです。

基本的には木を削りたいので、鉄とかは特に視野に入っていません。
その自作CNCのサイトで見ていたら、木工のルーターを削るのに使うものが出るそうです。
これはいいなとおもったのですが、お値段がけっこうします。
1mx2mx8cmなので板の大きいものをそのまま加工できるサイズです。
小は大をかねないけど、大は小をかねるんですよ。
いつかほしい代物です~^^

PageTop