くろプラ日記

オーディオラックぽい棚。

椅子で製作する感じにまとめたので、スピーカーの位置が低いので、椅子に座って耳の高さぐらいにスピーカーが来るように、スチールラックを改造しました。
正座をして製作していたので低かったのですが、スピーカーだけを高くしようと思ってスピーカーの置く用の棚を追加。
もともとあった台の両端に棚を追加しました。
そして、出来上がりを見て愕然!
めちゃくちゃ大きくなってました^^;
もともと90cmの幅の棚だったのですが、後々の拡張とかも考えて両端に45cmの棚をくっつけたのです。
気がついたら180cmの長い棚ができていました。
作るまえに気がついていればよかったのですが、気がつかず・・・。
キャスターをつけたので動かせるのですが、そもそも、そこまで大きいものを動かすということがあるのかどうか・・・。
後々の拡張もかねてなので、今はスカスカです。
今後の予定では、フォステクスのサブウーファーを追加して、スピーカーもマークオーディオの使っているスピーカーを増やして・・・。
いま、ツィーターを増やそうとしているのですが、バナナプラグを買うことを忘れてストップ中。
今後、スピーカーを入れ替えたりするのが楽になるようにバナナプラグを使って配線をしているのです。
スピーカーセレクタを買えばいいのですが、そんな頻繁には変えないと思うので。
それに、真空管アンプはセレクタでいきなり変えたりすると壊れたりするそうなので、あえて導入はしない方針にしています。
そういえば、雑誌のステレオのおまけ?にスキャンスピーク製のスピーカーユニットがついていました。
それようの箱も準備しないと。
メーカーによって音が変わるそうです。
へぇ~と思うのですが、どのぐらい変わるのか興味深いです。
ただ、自作のビクターのウッドコーンスピーカーと市販のビクターのウッドコーンとでは、音の違いは低音ぐらいしか判断できませんでした^^:
同じメーカー製だから似た感じなのかもしれませんね。
とりあえずの目標はツィーターを使えるようにするところでしょうか?
ツィーターで高音域を補強すると低音域も補強されるそうです。
音は波だから、並みが重なったところが補強されるということでしょうか?
オーディオおもしろいですよね^^

PageTop

引越し戦記(20日目)。

体力の消耗(精神の消耗が正しい)は著しくあきらめモードになりました。
なんとなく製作スペースが確保できそうなので、もうそれで・・・。
エアコンをかけていても荷物の出し入れはしんどく、体力(精神)は磨り減り悪い感じに。
精神安定剤を飲むとなんとなく直るので、これからは無理をせず、だらだらと気が向いたときに残った荷物をあけるという方向性でいこうと思います。

今まで大阪の環境は正座をしながら作っていたのですが、机を導入することに決めました^^
足しびれて立てなかったりしたので、ちゃんと椅子に座って作業できるようにしました。
作業をするだけのスペースなので大きな机ではありません。
道具は、今まで使っていた低いテーブルにおいて使う感じです。
いろいろと、東京から持って帰ってきているので場所が少なくって困っている感じですが、ようやくといったところでしょうか?
このブログも、引越しのことばかりになっていたので、やっと製作のことがかけるようになりそうです^^
でも、まずは磨り減った体力(精神)とやる気を増やさないとだめな感じです。
やる気が出てきたら、たぶん大丈夫だと思うんですよね^^;
でるまでは、ボーとしておきます^^;

PageTop

夢を見ました。

写真ないです。

夢を見ていても大体忘れてしまうのですが、今回は良く覚えています。
そこにでてきた子は、褐色の肌に赤毛で金色の瞳をした猫。
猫人間ナわけですが、特によく覚えています。
成長具合はく~ちゃんたちぐらい。
髪型はダイアモンド☆ユカイさんのような感じで、目は二重。
奥二重と、りんちゃんのような二重の中間ぐらいで。
ちょっと釣り目だけどくりくりっとしたお目目です。
裸でした。
日焼けで褐色というわけではない感じです。
ちなみに男の子です。
なまえはりーん。
実家の猫の名前です。
りんちゃんとは別物のようです。
近い名前が多いなとふと思いつつ、自分の夢だからしょうがないのかナとも思ったり^^;
実家の猫は女の子なんですけどね~。
男の子ででてきました。
性格はおしとやかではずがしがり屋ナ感じです。
実家の猫はわがまま、かみ逃げおしっこしまくりでくさい感じです。
逆ですね。
わたしの欲求の子ということなのかもしれませんね。
夢というものはそのときの精神状態が現れるともいうので、だいぶ幸せな夢でした^^
ちなみに、実家の猫とは仲はいいですが、ヤッパリ理想は・・・。
でも、何で男の子なのかは不明です^^;
が、かわいかったのでゆるすかんじです^^

これはこの子を作れという天の啓示ですね!

PageTop

引越し戦記(16日目)。

片付けがなかなか終わらない今日です^^;
無理がたたったらしく、今は体調が下がり気味。
夏バテではないのですが、うつ特有の脱力感がひどすぎます。
なので、ちょっと片づけがてこずっている感じです。
でも、荷物は結構なくなってきているので(兄の元部屋に放り込んで)、やっとこさな感じです^^;
後、石膏取りのパーツは4つ。
すごく小さいのですぐ取れそうなのですが、作業スペースが取れません^^;
8月までには作業できるようにしたいな~と思っている感じです。
急に体調がよくなったらほいほいといけそうなんですけどね~^^;
なかなか、そうはならないようです^^;

PageTop

引越し戦記(13日目)

午前中に荷物が届きました。
今、片付けているのですが一向に片付く気配がありません^^;
一人暮らしって道具溜め込むのですね^^;
思いのほか、荷物が多すぎで困っています^^;
片付かないことには人形製作開始できません。
とりあえず、寝るところの確保が先決かもです。
だいぶ、疲れてきました^^;

PageTop

引越し戦記(11日目)

大阪に帰ってきました。
無事荷物を送り出し、その足手新幹線に・・・。
朝からいろいろしていたので、ちょ~しんどいです^^;
荷物は朝って届くので明日はゆっくり寝ておく感じです。

東京よ、さらば!
趣味以外では東京でていきたくない感じですね^^;

東京で引越しの準備していて、精神安定剤がちょっと大目に飲まないとやってられない感じになってしまいました^^;
荷物届いて開くのは期限がないのでのんびりしたいと思います。

今日は早く寝よう^^;

PageTop

引越し戦記(中休み6日目)。

今日はお昼からドールワールドフェスティバルに行ってきました。
ちゃおさんが出店されているので会いに行きました。
他に白川さん企画の会員の方たちと待ち合わせていきました。
わたしは早めについていたので早めに挨拶をしてきました。
いったときは大繁盛していたのでなかなか声がかけれなかったのですが、待ち合わせのころには、シンシアちゃん独りになっていました。
お客さんも少なくなったのであらためてご挨拶をしました^^
ちゃおさんは結構短時間でお人形1体作られているのですが生で見てもすごく繊細に作られているので、すごいな、と思いました^^
ついたころにはほとんどの子がいなかったので、かわいさだけではないのだな、と思いました。

ドールワールドフェスティバルは創作系の方が多くいいなとおもいました^^
値段などを見ていて、結構幅が広いのでなかなかむずかしいです。
球体間接人形の値段を中心に見ていたのですが4万~10万ぐらい?な感じでした。
う~ん、幅が広すぎてちょっとわからない感じです^^;
家具のブースもあったので名刺もらっておきました。
後で見に行こうと思います^^

今回は会員の方とお話ができてよかったです^^
ヤッパリ、同じ作り手としてのお話はたのしいです^^
なかなか作り手同士でお話をするということがないのですごく楽しかったです。
楽しい話だと今後のビジョンがいろいろと思いついて楽しいです^^
今日は、楽しい1日でした^^

PageTop

引越し戦記(東京4日目)。

ごみがいっぱい出ます^^;
10年以上溜め込んだいらないもの・・・。
わたしはものが捨てれない人ですが、なんだかものすごく捨てています。
こまめに引越しを繰り返せばいらないものは増えないものなのかな?
たぶん結構片付いているはず。

でも、もう限界です^^;
早く救援の母が来ることを祈るばかりです。

PageTop

引越し戦記(東京2日目)。

昨日の夕方に東京に来ました。
ごみの準備だけそして、次の日を待ちました。
今日は朝6時におきてごみ捨てに。
その後は、スチールラックの分解とか本とかを延々としていました。
本が重くって腰が痛いです;;
昔はそんなことなかったのにな~・・・。
明日はいらない雑誌を紐でくくって、木曜日が資源ごみなのでその日までにまとめないといけない感じです。
明日はたぶんずっと本をくくり続けていると思います^^;
少なめにくくって重さを軽くしようと思います。
明日もがんばりたいと思います^^;

PageTop

創作人形を作るきっかけについて(その2)猫耳の秘密。

ある時期から猫耳を描くようになりました。
回りにあふれていたような感じです。
時代的なものでしょうか?
猫耳グッズとかは持っていなかったのですが。
12~13年前から猫を飼っていたからかもしれません。
飼って2年後ぐらいに東京に出てきたので、それ以降は帰省のときにあっている感じでした。
といっても、猫を飼いだしたから猫耳を描くようになったわけではありません。
それ以降も猫耳のない普通の女の子とか男の子とかを描いていたので。

猫耳を描くようになった理由。
ゲームですね^^
わたしの世代はゲーム世代なので。
ゲームの中で選んだキャラクターが猫耳でした^^
その後のらくがきはどっぷり猫耳がつくようになっていました^^;
いろいろと描いているうちにブログのプロフィールのイラストの子が完成したわけですが、これ実は髪の毛の色金髪だったんですよ。
金髪蒼眼だったのですが、友達に描いてもらったそのイラストが気に入って使っている感じです。
今作っている子の片方のりんちゃんがその子です。
こちらはわたしの落書きの通り金髪蒼眼にする予定です。

ある時期にふと思ったことがありました。
男の子ってあまり書かないな、と。
たぶん、男の子がかわいくなかったからだと思います(潜在意識の中で^^;)。
ならば、めちゃくちゃかわいく描けば好きになるのでは?
女の子は普通にかわいく描けたので、男の子をどうやって描き分けるかの研究を始めました。
行き着いた結果は、男の子をかわいく描くと女の子のようになる、ということです。
その試行錯誤の中から生まれたのがく~ちゃん(くろ)でした。
く~ちゃんをみたひとは、ほとんどの人が女の子と思われていますが、実は男の子です^^
作ってる最中の胴体を見るとついているのがわかります。
らくがきで設定をつめていたので、服装もひらひらな感じになっています。
巷で言う王子ろり風な洋服になってしまいました。
特に狙ったわけではないのですがレースを着させたかったのであのようなデザインになりました。

人形160

まえの写真を引っ張ってきました^^
ちなみに今、く~ちゃんはつるっぱげです^^;
カツラに虫が!ぎゃ~~~と、取ってしまいました;;
また作ろうと思っているのですが、なかなか時間がなく作れない感じです^^;
特に最近は病気の調子で左右されるので、なかなか進まないのが悩みの種です。
モヘアがいけないんですかね?
人毛のプラチナは虫つかないんですよね。
なので、次のカツラは人毛で作ろうと思っています。

く~ちゃんは、いろいろと考えながら、作ったキャラクターなので思いもひとしおで、わたしの中で1番の子になっています。
く~ちゃんの性格はおっとりおしとやかなので、それとは逆に活発で元気な子としてプラチナを創りました。
らくがきだとそうなっているのですがお人形になると、あまりそうでもないなと思います^^;
表情がはっきりと1つに固定されると難しくなることを発見したので。
ニパーッと創るとそれ以外のときに見ると結構しんどいなと思いました。
微笑む感じに抑えるほうが自然な感じになったので。
らくがきとは違い、ちょっと抑え気味?なプラチナになってしまいました。

人形222

このあたりは自分の中で猫耳が確立していた感じです。
たぶん、飽きない限りは、猫耳シリーズでいこうと思っています。
猫耳の子 = 小川 ちお作品になれば良しと思っているぐらいなので^^
これからもよろしくお願いいたします~_(._.)_

PageTop

創作人形を作るきっかけについて(その1)。

作るきっかけについて質問されたので、古い記憶をたどりながら書いていってみようと思います。

もともとは美大出なのです。
が、その当時は造園とか園芸のほうに興味があったので、美大時代はそのような勉強ばかりしていました。
勉強も楽しかったのですが落書きのほうがすきだったので、いろいろと設定を作りながら完成のしない落書きばかりしていました。
その当時は人形という分野に興味は持っていませんでした。

社会に出て何年かしてから、運命的な書籍に出会いました。
カタンドールの写真集です。
あの写真集は衝撃的でした。
お人形が芸術の1つだと気づいたきっかけなので。
その後はいろいろな作家さんの写真集などを探してどうやって作っているのかを研究しました。
その当時はインターネット初めのほうだったし、ネットは危険と思っていたので^^;
その当時は彫刻の本はあったのですが、人形とくに創作人形といわれるものは皆無だったので、彫刻の本を見て、立体の顔を作る方法とかを学びました。
彫刻の本なので原型を油粘土で作って、それを石膏でとって青銅を流し込むわけですが、まず、青銅がだめです^^;
青銅を溶かすことができなかったのと、重すぎるだろっていうことで。
このときぐらいに、パジコのラドールという粘土を知りました。
だた、形は作れるようにはなったのですが、重いのです。
中を抜く方法がわかっていなかったので^^;
これがすごく難解だったのです。
「吉田式球体間接人形製作技法書」が出るまでまったくわからなかったので^^;
その当時考えた方法は木枠を組んで粘土をはっていく方法。
四谷シモン先生の作品集にチラッと載っていたので、まねて作ることにしたのですが、それも大変。
木工の技術がないので、東急ハンズで木の破片を買ってきてボンドで人型に組んで粘土をはったりしました。

人形268

写真でいうところのこれです。
まだ、この時は人を作るぞっといった感じでした。
これを作ってる時期ぐらいに、1度目のうつ病を発病しました。

この時期に会社を辞めて、東京の知り合いのコンピューター関連の会社に再就職しました。
ここから、8~9年は立体物を作るということから離れていました。
この間はお手軽な落書きをし続けていた感じです。
このブログが始まったのもそんな時期でした。

2009年ごろに運命の書籍が発売されました(たしか)。
前のほうに出ていた「吉田式球体間接人形製作技法書」です。
この中で細かく中を抜く方法が書いてありました。
これは!と思ったときには、人形を作る図面をいろいろと書き始めていた感じです。

2009年の夏ごろには本格的にく~ちゃんを作り出していた感じです^^
その跡もいろいろと試しながら作っていたので、第1作目の「くろ(く~ちゃん)」の完成までには1年半ぐらいかかりました。

人形224

第2作目の「プラチナ」も1年ぐらいかかっています。
この間、独学だったので書籍のみがたよりでした。
今は、たくさんの書籍が出ているので、製作環境としてはいい時代だとおもいます^^
仕事も忙しかったのでそのぐらいのペースでしか製作できませんでした。
ただ、く~ちゃんとプラチナで大体のことは試しているので、今後は時間短縮が目標かなと思っています。


次回、何で猫なのか!です。
乞うご期待!

PageTop

フロアシート。

写真ないです。
今日は引越しの下準備をしていました。
わたしの部屋に東京の荷物が来るわけなのでいろいろと整理しないといけないわけです。
兄がいた部屋を荷物置き場にしたりするのもいい訳ですが、まずは自分の部屋を重点的に整理しました。
畳の部屋なので、お人形制作にはマイナスもってこいの部屋です。
畳の目に粉がたまるわけですね^^;
そういったこともあって、整理をかねてフロアシートをひくことにしました。
ビニールなので拭くのも楽だし、水などをこぼしても簡単にふき取れます^^
結構広い部屋なのでひくのが大変でした。
荷物も微妙にあったので^^;
でも、なんだかんだでひくことができました^^
これで、掃除が楽になります^^
ウェットシートで水ぶきするだけできれいになる感じです^^
来週の月曜日に東京に行って荷物をまとめだします。
大阪のほうは、マァ何とか大丈夫でしょう。
東京にある本棚とか処分するので。
たくさんある漫画も処分しないと^^;
面白かったものはもう大阪に運んでしまったので、あとは古本屋さんに売りにいけばいい感じです^^
写真集もたくさんあるしどうしようかな?
写真集とかって旬もありそうだし、売れるものなんでしょうか?
友達にあげようかな~。
いろいろすることは山積みです^^;
ちなみに、大阪のわたしの部屋はもう荷物の受け入れ態勢になっていたりするので、石膏取りできる状態でないです^^;
引越しが終わるまでは休止状態かもな感じです^^;

PageTop

手のひら(指なし)右。

人形390

もう片方の手のひら(指なし)。
なんとなく微妙な感じでしたが取れました^^
結構いい加減でも取れるのかな?と思ったり・・・。
くっつかないように使っているワセリンがいいのかもしれません。
あっさり外れたりするので、カリ石鹸よりも隙間の開き方が大きいのかもしれません。
やっと残りは4パーツとなりました(頭の数は入っていません)^^

PageTop

手のひら(指なし)、左。

人形389

石膏取り、日にちがあいていたので、気をつけながらするために1つだけ取りました。
たぶん左手?
右手か?
とりあえず、取れました^^

よくよく考えてみると、手のひら(指なし)の部分を取って、指は1本1本でもいいのかなと思いました。
親指は取っておくかな。
人差し指とか、取らなくてもいいような気がしてきました。
ちゃんと取りますが、すごく必要なのかなと思った感じです。
指を複製しても、結局触ることですから。
作っていくといろいろ思いつくようです。
おいおいやっていこうと思います^^

PageTop

お手手さらに分離!

人形388

人生には山もあれば、谷もあり、ぬかるみにはまって足元をすくわれることもあるのです。
そういえば、昔にマウンテンバイクの前輪が外れて、そのまま田んぼにはまったことがありました。
農家の人ごめんなさい。

ということで、パーティクルラインを引いていて、どうしても線がつかない場所がありました。
谷の部分ですね。
石膏を流し込んじゃうとそこが引っかかって取れなくなるというパターンになることが安易に予想できる感じだったので、さてどうしようかと、いろいろと角度を変えながら引いていたのですが、なかなか見つかりません。
困ったあげく取った行動は分離。
きってしまえば解決ということでさらに切りました。
手の石膏取りってどうやってるんでしょうか?
作る段階で取ることを前提に作っているのでしょうか?
難しいです^^;
ぱーつが増えた感じです。
これで大丈夫なはずです。
で、気がついたのですが、これって指を1本ずつのほうが後々、バリエーションが増やせそうな感じです。
親指はしょうがないとして、他の指は1本ずつ作っておいて手の甲にぶすぶすさしていったら、微妙な表情が演出できるのでは、と思いました。
もっとぷっくりした指に作り変えても、手の甲はそのまま使えるという寸法です。
今回はこれで石膏取りをしますが、今後のこともあるので1本ずつも視野に入れていこうと思いました^^
ニスを塗って乾かしている最中です。

その間に部屋の掃除をしました。
東京から荷物届いても大丈夫なように。
結構お疲れさんになってしまいました^^;
明日は、大阪の心療内科の病院にいってこようと思います。
今日はここまでです~。

PageTop

親指分離。

人形387
親指を分離しました。
これで石膏取りはだいぶ楽になるはず^^
切り口にニスを塗ったので明日ぐらいには石膏取りできそうです^^
ただ梅雨真っ盛りで乾いてくれるかは微妙ですが^^;
部分的には小さいところなので、乾くと思うけどな~といった感じでしょうか?

PageTop