くろプラ日記

顔を作るの面白い~^^

人形136
顔をぷっくりさせすぎた感じもしますが、やすりで削りだすのでいいと思います。
鼻もちょっと大きすぎかも。
削るから大丈夫だと思います^^
基本的には幼顔になる傾向があるみたいです。
ほっぺをもうちょっとシュッとさせたら、年が上がるかもです。
今のままだと、デッサンの体型に歯ちょっと押さないかな~という感じです。
唇はぷっくりしていていい感じになってます。
これを壊さないように、じっくりやすりがけしていこうと思いました。
顔が真っ白い状態でかわいく見えたら成功だと思います^^
自分基準だけど~^^

PageTop

こんな書籍かいました。

「球体関節人形制作 基礎編」という書籍。
球体関節人形制作手引書です。
「吉田式球体関節人形制作技法書」と似たような感じでした。
どっちかお勧め?というと「吉田式球体関節人形制作技法書」がお勧めだと思います。
「球体関節人形制作 基礎編」を買った理由としては、興味があるから、の一点です。
基本的には発泡スチロールで芯を作って、そこに粘土をはって、スチロールを抜いてという感じで進みます。
ただ、この書籍はタイアップ商品?があるのです。
たとえば、芯になる形が成型されている発泡スチロールが売っていたり、専用の粘土が売っていたり、そろえると結構簡単に球体関節の創作人形が作れるんですよ~といった感じのものです。
実は結構、芯を削るのってめんどくさいんですよね^^;
小さいスチロールの粉はいろんなところにくっつくし^^;
そういった手間がないのはいいと思いました。
ただ、純粋にオリジナルを作りたいんだ!という人にはお勧めしません。
でも、作ってみたいけど「吉田式球体関節人形制作技法書」に載っている方法は難しいし、面倒だな~と思われる方は「球体関節人形制作 基礎編」お勧めです。
この書籍がお勧めというよりも、この書籍で紹介されている制作キットがおすすめなのですが。
結構至れり尽くせりでいいと思います。
手っ取り早く作ってみたいんだ~という人にはいいかもです。
わたしは、ここで売っている粘土に興味あります。
たたら状ののし粘土。
簡単に言うと粘土を伸ばすのが手間だからなのですが・・・。
手首痛くなるし。
あと、球体関節人形用に開発したというところが、どういった感じなのかな~とも思っています。
でも、高いような気がするんだけど^^;
ここでしか売ってないから割引もないだろうし、そういった意味では、よく使われているラドール系がわたし的には信頼性も高いし、入手しやすいです。
じっくり作りたい派には「吉田式球体関節人形制作技法書」
手っ取り早く派には「球体関節人形制作 基礎編」と制作キットがいいかもです。

PageTop

ただいまこんな感じです~

人形133
大きい子のベースの顔が子のような感じに。
2重強調しすぎかな^^;
ベースなので1重にも2重にも改造できる感じにしとかないと。
唇の部分をもうちょっと触ってから、やすりで磨こうと思います。
今のままで石膏取りをすると下唇で引っかかってとれなくなるので^^;
そこの修正です。

人形134
小さい子の頭を石膏型で抜きました。
まえのは?といわれると、大きい子の頭に改造してしまったので^^;と答えます。
今回は頭のふさぎませんでした。
どうせ後で、頭のこぎりで開くので、最初からそのようにして作ったら楽なんじゃないかと思って。
頭を空ける理由としては、グラスアイを入れるのとゴムひもを引っ掛けるフックがつくからです。
最初から開けておいたら、のこぎりでゴリゴリする必要もないわけですね。
今回はその実験です。

人形135
これは胴体の関節に使う半球体です。
うまく石膏型で作れました^^

土曜日は病院に行っていたのですが、その帰りに銀行とか郵便局とかをはしごしていたら、頭が痛くなって気分が悪くなりました^^;
水分はちゃんと取っているのですが、基本的に暑いのが苦手ということもあり、軽く熱中症?の感じになってしまいました^^;
日本の夏、危険ですね^^;
というわけであまり作業が進んでいません;;
大きい子の胴体と腕足の発泡スチロールの芯はできました^^
後、小さい子の腕足の芯作らないと~。

PageTop

週末のお仕事。

人形131
なんとも男らしい顔に・・・;;
大きい子の顔を作ってるのですが、かっこいい感じに。
作ってると、完璧だーと思い込んで作ってるけど、写真に写すと変なところがわかりますね^^;
ちょこちょこ直しながら作っていこうと思います。

人形132
こちらは小さい子用の胴体の関節用に発泡スチロールの球体を半分石膏取りしたものです。
よく乾燥させないと使えないので、1週間ぐらい新聞紙の上で水抜きします。
この2日間はこの2つの作業をしていました^^

PageTop

かつら~。

く~ちゃんの髪の毛は実は失敗してたりします^^;
後ろから見るとつむじのところが変です。
くるくるとロール状にして縫いつけているのですが、まきが強すぎたのか、毛が立ってます。
一応、ブラシでがんばってみたものの、ちょっと盛り上がっています^^;
今回カツラの話なわけは、今月のドーリードーリーにカツラの作り方が載っていたからです。
ネットで調べたものよりも詳しく載っていたので、資料としてはいいと思いました。
というか、1ヶ月前に出ていてくれたら、カツラ失敗しなかったんじゃないかな、と思ったり・・・。
わたしは、羊の毛みたいなモヘアが好きなのですが、ドーリードーリーのものでは人の髪の毛で作っていました。
人間と同じようにブローができていいそうです。
染めるのも人間用のものを使うそうです。
髪の毛の色もたくさんあって、しかも毛足が長いものが多くていいのですが、少々お高いのです。
でも、モヘアの毛足の長いものはなかなかなく、売っていても数が足りない感じです。
モヘアはふわふわしててすきなんですけどね~。
プラチナを作るときは人の髪の毛で作ってみようかな?
白いモヘアの毛がなかなか売ってないので^^;
プラチナブロンドというものもあるのですが、ものすごく薄い色の金髪なのです。
純粋にシルバーがほしいので。
あと、毛足の長いものがほしいということもあります。
人の髪の毛がいい感じだったら、次からは髪の毛を使っていこうかと思っています。
ちなみに、今月のドーリードーリーのカツラの記事はわかりやすいと思うので、カツラを作りたい人にはいいと思います^^

PageTop

手首痛い^^;

土曜日と日曜日、粘土触っていたのですが、手首痛いです^^;
ひ弱でした^^;
粘土を良くならないときれいに型取りできないわけです。
ちなみに、粘土には細かいひびがいっぱいです^^;
練りが足らなかったわけです。
あと、粘土を箱買いしたのですが、放置されている時間が短いと粘土結構やわらかいのですが、型取りにはまだ硬いみたいです。
がんばって練ったのですが、微妙だったみたいです。
で、ふと気がついたのですが、粘土を一度水に浸して、それを引き上げてから、たっぱで1日置くといい感じのやわらかさになるので、次からそうやってから粘土を練ったら、手首痛くならないのかと思いました。
あと、粘土がやわらかくなるとひびも出にくいのではと思いました。



デッサンみたいな?
設計図みたいな落書きです。

つづきを表示

PageTop

石膏型実験^^

人形129
結構うまく取れました^^
胴体は完璧?な感じです^^
頭は、微妙にずれているけど、まぁ、大丈夫でしょう~。
乾いたらバリを削り取ります。
胴体は乾いたら、真ん中辺りで切断して、関節を入れる予定です。
そうすることにより、ひねりのポーズができるようになります。
後細かく胴体の修正をします。
肩がなかったりしているので^^;
頭は正直鼻の位置と目の位置だけわかればいい感じなので。
頭が微妙にずれているのでそこを直して、きれいに整形します。
そして目と鼻の位置を基準にプラチナ顔にしていこうと思っています^^


大きいこのデッサン描いてみました。
設計図?かも。

つづきを表示

PageTop

目玉事情。

わたしはグラスアイが好きです。
人形用の義眼というやつですね。
小さいサイズは世の中に多く出回っているのですが、大きいサイズは品薄なようです。
小さいサイズはボークスのスーパードルフィーとかドルフィータイプのものに使われているようです。
わたしの言う大きいサイズは直径22mmサイズのものをいっています。
ボークスの天使のすみかにいきました。
次の子のように目玉を確保しに。
ところがほとんどないのです。
大きい目玉は作りにくいのか、出回りにくいので少生産なのか、わからないですが、とりあえずなかったです。
プラチナ用にバイオレット系のものがほしかったのですが、1つしかなかったです。
しかも、取り寄せです。
よくよく考えてみると、わたしのサイズの創作人形ってないのかな?と思ったりしました。
50cmぐらいだから、ありそうな感じなんですけどね?
お子様体型の子が少ないのかな?
確かに22mmぐらいの大人の人形を作ったら1mぐらいになりそう。
ゆえに、そんなに大きな人形を作る人は少ないということですね。
ネットで調べてみても22mm以上の目玉を取り扱っているところは少ない感じです。
あっても、大体が品薄状態です。
でも、青眼は結構あるみたい。
たぶん、金髪青眼という伝説が生きているのでしょう。
「金髪青眼のおとこのこすき~」とかたまに聞きますし。
琥珀くんはその言葉を真に受けて考えた子だし。
でも、大きい目玉が世の中的に少ないのはどの色の目玉でも一緒みたいです。
ストックしておいたほうがいいのかな~。
お人形作れる!という実績ができたので、買いためておいてもいいかもと思いました。
プラチナの目玉は取り寄せとなりました。
早く届かないかな~^^


拍手のお返事です

つづきを表示

PageTop

く~ちゃん完成!

人形127
やっとこさ、完成しました^^
去年の6月ごろから作り出してたので、1年と2ヶ月ぐらいかかりました。
ほぼ手探り状態で作っていたので、時間かかりました。
後途中で石膏取りに挑戦したりと脱線もしていたので^^;
わたしが主に参考にした書籍は「吉田式球体関節人形制作技法書」です。
石膏取りは「はじめてつくるビスクドール」の1巻目と2巻目。
後は、ドーリードーリーとかドーリーバードとか。
メイクは「ユノアフリーク2」でした。
実際に作品を見に行くのも参考になります^^
わたしはちゃぷりさんの作品が特に参考になっていました^^
他にも「マリアの心臓」で見た恋月姫さんのビスクも、すごく影響力があると思います。
最終的にはオールビスクドールまでいきたい、と思っていますがまだまださきそうです。
設備にお金かかるしね^^;
でも、今はもっとたくさんの子を作っていきたいと思っています^^
粘土買いに行かないと~。
石膏型、ちゃんと使えるか試さないと^^;
使えるといいな。
これだけで大分時間が短縮できるので^^
く~ちゃんのために小さいベッドほしいな~。
ちゃんとお座りできないので椅子とかは不向きなのです^^;
今度はお座りちゃんとできるように改造しながらつくっていこうと思いました。

PageTop

大きい子を作るぞきゃんぺ~ん!

といっても、そのきゃんぺ~んは1年以上かかりそうな予感が・・・。
今後の予定ということで。
く~ちゃんの尻尾をつけたら、一応ひと段落なので、次に向けて計画開始です。
会社でこそこそ、落書きをしています・・・。
お昼休みとかだから、こそこそしなくてもいいような感じですが、お人形の設計図?デッサン?なのでヌ~ドだからです。
ちなみに最初の子は、くろプラ日記の看板娘?のプロフィールのイラストの子です。
名前は・・・・なんだったけ?
記憶にないや^^;
昔に落書きで描いたものを知り合いのイラストレーターの人に描き直してもらって、載せていいかと承諾をもらった子です。
描いたときは大人だったようなきがしたのですが、もたっらイラストは、等身下がってました。
わたしは、こういったイラストを描けなかったので、おお~と大喜びでした。
3年か4年前だったと思います。
確か、この子も人形の設計図だった記憶があります。
で、改めで大きい子を作るということで、この子に決定しました。
もともとは金髪だった気がしていたのですが・・・?
う~ん、どうだったけ?
書いてる途中の線画だったし、よく覚えていません^^;
で、こそこそ、落書きしています。
く~ちゃんを基本に背丈の計画をしようと思っているので、結構大きくなりそう。
ただ、く~ちゃんが完成(尻尾まだだけど)したことにより、知識的に作れるはずという根拠ができたので、それはチャレンジするしかないのです。
プラチナも並行して作ろうと思っています。
小さい子を充実していきたいので、小さい子がメインで制作が開始されるわけですが、大きい子は長い目で見て置いてください_(._.)_
ボディーの発泡スチロール削ってたりしてます。
作る気満々ですね~^^

PageTop

もっとたくさん作りたい^^

く~ちゃんが完成に近づくにつれ、もっといろんな子が造りたいという欲求に駆られています。
プラチナも作りたいし、琥珀君も。
たぶん、顔と髪の毛が違ったら、いくらでも作れそうな予感がします。
一応、顔のベースの石膏型とボディーのベースの石膏型は何とか作れたので、この部分の時間短縮は大きいかと思います。
腕と足も、球体を仕込む前の棒状の状態を石膏型に取っておけば、使い回しができそうです。
球体関節を仕込んだ状態で石膏型を取るのが一番いいとは思うのですが、パーティクルラインが難しすぎて^^;
まぁ、経験をつめばできるようにはなるんだと思うのですが、今の段階では無理です^^;
そこは追々ということで。
あと、大きい子も造ってみたいです。
スカーレット嬢とか、作りたいので。
年齢的には二十歳前後の子を作ってみたいです。
ジェニーのようなファッションドールがいいな~と思っています。
そうなると関節、とくに腰の関節がほしいところです。
ここも研究の余地ありそうです。
ああ、あと尻尾。
ボディーを作ってる段階で、尻尾つけれるようにしたいと思っています。
ショーツに縫い付けるのもいいのですが、そこは、趣味的な要素です。
カツラに耳をつけるのはよしとするのですが、尻尾はショーツに縫い付けるのどうかな?と思うので。
基本的にはヌードできれいに見せれることが目標的な感じかあるので。
美しいボディーを作れば、洋服を着ていてもごまかしてないんだぞ、というアピールで。
体かしっかり作ってあれば、洋服とかも作るの力が入るかなと思っています。
でも、わたしの裁縫技術的にはキャミソールチックなものと、かぼちゃパンツが限界みたいだけど^^;
下着までは自分で作りたいと思っています。
うまい人に作ってもらうのが一番な様な気もしますが。
知り合いに裁縫うまい人いたかな?
記憶にないな^^;
いろいろと夢は膨らみます^^
あと、たくさん作ってデザインフェスタ参加してみたいものです^^

PageTop

かぼちゃパンツほぼ完成^^

人形126
完成してるんじゃないの?と思われるでしょうが、実はパンツのゴムを買うのを忘れていたので、だっこすると脱げます^^;
ガムを通せはかぼちゃパンツ完成なのですが、このかぼちゃパンツに尻尾を縫い付けてしまおうと思っています。
造形段階で尻尾のことをすっかり忘れていて、つけるところを作っていなかったので^^;
キャミソールに使っている透けているレースお気に入りなのですが、かぼちゃパンツが透けてないせいか、気になる感じです^^;
キャミソール初めて作ったのでもっといい感じに作れる気がするようになったので、また作ろうと思います。
黒い生地を下にいれたほうがいいかも?
いや白のほうがいいのかな?
く~ちゃんの基本イメージは黒なので、あまり他の色の生地は使いたくないのです。
悩みどころです。

昨日にあげた、キャミソールだけのく~ちゃん、早くパンツはかせてあげてと言われたので、急いで作りました。
今まですっぽんぽんだったので、気にもとめてなかったのですが、キャミソールだけ着させて、微妙に素肌が見えると悩ましくみえるそうです。
すっぽんぽんが普通だったのでなれてたのですかね^^;
女性とか作ったときはそういう風にしたら、色っぽく見えるということですね。
いつか作ったときに試そうと思います。
ただ、作ったる最中をあげていってたら、ほぼ、すっぽんぽんだからどうなのって感じもしますが^^;
それ以前に大人の女性を作るのか、だろうですかで。

PageTop