くろプラ日記

猫耳の形。

人形112
耳のサイズ、大きいそうです。
もっと小さいほうがバランスがいいかもとご意見いただきました。
なるほど~。
もっと吟味したほうが、もっとかわいくなるということですね^^
いろいろ考えます。
ご意見ありがとございます~^^
わたしの中では耳の位置もっと上かな~とかいろいろ思っています。
シンボル的にイメージするのであれば1時2時、10時11時ぐらいに耳があるといいのかな~と。
今のままだとちょっと横過ぎるのですね。
ただ、この位置にある理由として、脳みそが発達してるかどうかとか、いろいろ考えているのです^^;
上のほうに耳あったら、耳の穴があるわけで、それをよけて脳みそが・・・。
とかわけのわからないことを考えてしまうわけです^^;
あまり考えなくてもいいかもだけど、なんというか、生きてる感じがいいのです。
よくわかりませんが^^;
まぁ、もしかしたら耳が重要だと耳を中心に進化するのかもだけど。
もう少しかわいく見える耳の検討もしていこうと思います。
毛を触っていたら思ったのですが、結構ボリュームって出ないのね~ってことに気がつきました。
そう考えると、耳が大きすぎるのもバランス悪いかもなので。
いろいろ、耳のデザイン変えていこうと思います^^

PageTop

ひさびさのカメラ~な話。

オリンパスのペン1が販売されてもうすぐ1年ぐらい?
発売と同時に買ったのですが、いいレンズでないです。
たぶん出す気はないのかなと思うぐらい出ません。
マイクロフォーサースという規格なのですが、他のサードパーティーから製品があまり出ていません。
アダプターをつけてフォーサース用のレンズもつけれるのですが、AFは怪しすぎます。
基本的にはMFでピントを合わすのが基本みたいです。
シグマの30mmF1.4を買ったのですが微妙にAFは動くのですが精度は微妙すぎます^^;
オリンパス純正のフォーサースレンズも似たような感じ・・・。
思ったのですがペンってデザインを楽しむためのカメラなんだな~と^^;
MFはなれが必要なのですが、わたしはまったくなれません^^;
ペンタックスのカメラのようにピントが合ったらなんか言ってくれるなりしてくれるとありがたいんですが・・・。
と、言うことでペンタックスに戻ろうと思っています。
レンズは前のものが使えるのでまったく問題ないです。
しいて言えば、画素数が少なすぎるので、新しいものを買いたいな~と思っています。
K-Xです。
100パターンのボディーカラーが選べるのですが、スタンダードの白黒でいいです。
皮の部分がベージュとかだといいのですが、そういう選択肢がないので、ボディー白の革の部分黒というパンダちゃんがかわいいな~と^^
ちなみに、ボディーだけという販売方式はこのK-Xにはないそうです。
レンズキッド標準だけです。
このレンズもボディーにあわせて白いのです。
性能は・・・。
よくあるズームレンズです。
F値開放はいまいちです^^;
わたしは短焦点が好きなのですが、ペンを使ってってズームも簡単でいいなと改めて思いました。
自分が移動しないでいいのは楽です^^
ペンタックスの話しに戻ります。
今もっているレンズは35mmF2.0と50mmF1.4です。
35mmは標準レンズになります。
フィルムカメラだと50mmぐらいになるので。
標準レンズが好きなのでこの35mmはよく使っていました。
最近だと、35mmF2.8のマクロレンズが出ています。
これがいいな~と思いつつ見てるだけ~とやっていたのですが、ペンタックスに戻るので、将来的にはほしいレンズの1本です^^
あと、ズームのいいところも再確認したので、F値開放の大きいズームレンズがほしいものです。
ペンタックス純正に全域F2.8のズームレンズがあるのですが高いです^^;
いいレンズなのはわかっているのですが、高くて買えません^^;
まぁ、今のところは短焦点でいいのかなとおも思っているので。
マクロレンズ目指したいと思いました。

オリンパスのペンかわいいんだけど、レンズのラインナップがいまいち・・・。
もったいないな~。
MFか~・・・。
う~ん^^;

PageTop

猫耳大きすぎました^^;

人形111
大きすぎます^^;
皮で作ったものを基盤に作ったのですが、大きい・・・。
皮のサイズが丁度、耳のサイズというわけですね。
でも、なんとなく見通しがつきそうです。
やっぱり耳の中はなめし皮よりもフェルトのほうがいい感じかも。
フェルトだけで作った耳の必要です。
比べるのに~。

PageTop

猫耳。

人形110
フェルトで試作。
なかなかいい感じになってます。
内側もフェルトで作ったほうがいいかも、と思いました。
耳の先の感じとか、お~って感じです。
シートのフェルトに毛状のフェルトを専用の針でざくざく刺していくのですが、5,6回指に刺しました^^;
2本針のものなので5,6回で指に穴が10個ほど・・・。
フェルト押さえいらないや、と思って買わなかったのですが、安全のため買ったほうがよかった感じです^^;
思ったことは、外と内側2枚のシートを用意して、毛を移植したあとにお互いを張り合わせるという方法。
張り合わせた部分を歯ブラシとかでブラッシングしたらきれいになじみそうです。
もっと、試作して研究の余地はありそうです~。

PageTop

猫耳の毛。

ファーで作ろうと思ったのですが、うまくいきません^^;
耳の内側は豚のなめした皮を使うのですが、毛のほうがうまくいきません。
何だろ?
変です^^;
違うものと違うものでうまくいきません。
色の問題とか、いろいろ。
メイドさんの洋服とか売ってるお店で見た猫耳のカチューシャはうまく作ってあるのにあんな感じにしようと思ったんだけど。
皮とファーが異質すぎてびっくり^^;
猫耳のカチューシャは同じ素材だからかもしれません。
今造ってるく~ちゃん人形の肌となめし皮、結構近い感じなんですよね。
なので違和感があまりないんだけど、ファーがものすごく違和感があるのです。
きれいにそろいすぎてて。
贅沢といえば贅沢な悩みなんですけど、折角なのでいい感じにしたいのです。
これは、フェルト、ニードルフェルトに走ったほうが納得のできるものが作れそう。
今度試してみよう。

PageTop

今こんな感じ。

人形109
耳、こんな感じ。
ためしに豚に皮で作ってみました^^
いい感じです^^
でも、やっぱり形が微妙^^;
う~ん^^;

PageTop

猫耳難しいです^^;

実家の猫はいつも正面に耳を向けているのです。
なので、く~ちゃんの耳も前に向いているわけですが・・・。
ねずみっぽい^^;
ねずみ顔なのかな~^^;
意識が向いている方向に耳が向くので、実家の猫はわたしがいるときは、わたしのほうに意識が向いているのかもです。
猫の耳のニュートラルポジションは横なのかな?
イラスト見てると、正面よりは横に向いている感じが多いです。
描きやすさ、ということもあるのだろうけど、その方向が一番猫の耳の表現に向いているのかもです。
今度は横にして貼り付けてみようと思います^^

PageTop

人形108
猫耳っぽくなったかな?
ねずみみたいな耳だったので^^;
耳を三角にしました。
なかなかいい感じにならないです^^;
ふ~む~。

PageTop

デザインフェスタいって来ました。

昨日、今日といって来ました。
目的は、人形作家さんのブースをと思っていったのですが、少なかったです^^;
きのえさんが参加していらしたのでイラストも見に行ってきました^^
いった頃には作品は完売でした。
う~む、残念;;
ブースにもいらっしゃらなかったのでお昼かな~と思いつつ、いろいろとブースを見てまわりました。
前は、いろいろと変なものを買っていたのですが、今回は、ゼロでした。
たぶん、きのえさんの作品がほしかったからなのだろうけど、完売だったのでしょぼ~んとしていたのかも?
創作人形を探しながら徘徊していたのですが、ロリータやゴシック系が多いです。
多いというほど出展されてなかったですが、あとは痛々しい感じのものとか・・・。
こう見てみると、わたし系の作品ってないのですね。
もしかして、わたしいけるじゃん!と、思いつつ徘徊してきました。
でも、分野としてはロリータに分類されるのかな?
よくわからないけど。
お子様体系のお人形さんはいなかったです。
レンジの自作のお人形とかもやってる人いました。
お人形遊びに使うのだったら、レンジで作ったほうが壊れないからいいのかな~とか思いました。
わたし的に究極はビスクなのですが、お人形遊びしてたら割れそうですよね^^;
あと、フェルト作品いいなと思いました。
猫を作っていた方がいたのですが、見事な毛皮の表現。
く~ちゃんの猫耳に使えそうかなと思いました。
耳の毛の部分の表現がなかなかイメージできなくって^^;
こういった技法も使えそうね~と思い勉強になったりしました^^
で、案の定人が多くて、人気にやられて体調が^^;
頭が向こうのほうで痛くなってきた感じがしたので、ひどくなる前に退散^^;
込んでるところはやっぱり苦手みたいです^^;
でも、いろいろ見れて面白かったです^^

PageTop

猫耳。

人形107
こんな感じの型紙を製作。
もうちょっと観察してみて、耳の大きさを決めようかな~。

PageTop

関節の改良。

人形106
何が変わったのといわれれば、見た目は変わりません^^;
変わったところといえば、関節の部分に皮をつけて、関節がくっつかないようにしました。
関節の部分の塗装が張り付いてはがれるのです^^;
で、それを避けるために皮を張りました。
何かの本で恋月姫さんの人形の関節にはすべりをよくするために皮を張っていると描いてあったような・・・。
ちょっとあいまいですが^^;
で、皮って微妙にスポンジみたいに弾力性があるのでジャストフィット?ナ感じになりました。
自立もできました^^
張り付いた感じもないのでいい調子のような感じです。
もうちょっと時間を置いて触ってみて、くっついていなかったら完璧です^^

PageTop

透明のマニキュア。

こんな感じ^^
何が変わったかというとまつげつきました^^
あと、瞳と唇が潤った感じにしました。

人形104

透明のマニキュア(グロスタイプ)を買ってきて、瞳と目のところの粘膜、唇に塗りました。
つやっぽくなりました^^
拡大写真が下です^^

人形105

瞳がきらって感じになりました^^
厚塗りしたことによって目とはだが一体感がでた感じ?かも^^
あと、瞳についてたヤスリがけの細かい傷がうまいことごまかせた感じです^^
唇もつやっぽくていい感じになりました^^
造ってって思ったのはく~ちゃんって一重なのかってこと。
イラストだと、目のくぼみの線はあるけと二重の線無いんですよね。
筆で描くのもいいんだけど、やっぱり立体として二重は造ったほうがいいです。
く~ちゃんは、しゅっとしたきれいな感じになりました^^
プラチナとか琥珀くんは二重のほうがいいかもですね~。
二重って柔らかい感じがするので。
これで、あとはカツラ(耳付)の製作と尻尾ですね^^
服・・・。
まだまだかな~^^;

PageTop

庭の手入れ。

実家に帰ると、大体庭の手入れをします。
でも、昔植えた桃とかボタンとか芍薬はいなくなってます。
枯れちゃったので^^;
定期的に手入れをしてあげないとだめのものは枯れてしまいました。
今残っているものは強い品種のみです。
庭木と言っても、何十年も生え続けているものは、そこの土地にあっているので強いです。
わたしの植えたもので残っているものはカラーとトケイソウ。
カラーはものすごく元気に育っています。
土地にあったのですね^^
トケイソウは雑草のように生い茂っています^^;
あいすぎちゃったのですね^^;
結構不評です^^;
バラも手入れしていないのですが何とか持ち耐えています。
やはり風通しが悪いので、風の通る高いところは元気です。
バラ、ボタン、芍薬がすきなのですが、実家の庭は風通しが悪いので難しいようです。
あと、果樹系も。
残念です^^;

PageTop