くろプラ日記

マクロプラナーほしいな。

写真ないです。

富士フィルム専用レンズにツアイスがあるのですが、その中にトゥイートというシリーズがあります。
トゥイート50mmF2.8というものがあって何のレンズかわからなかったのですが、よくよく調べてみるとマクロレンズのプラナーでした。
マクロレンズとは小さいものをとるときに大変重宝するもので花とか昆虫とか撮ったりします。
トゥイートってシリーズでツアイスから出ているのですが、全部のレンズがその名前で出てくるので肝心のレンズの攻勢がわからないわけです。
伝統のディスタゴンとかプラナーとか、ゾナーとかで書いてくれるとわかりやすいのですが・・・。
で、話は戻りますが要はトゥイート50mmF2.8はマクロプラナー50mmF2.8ということが分かったわけです。
プラナー信者としてはぜひほしい品物ですがいかんせんお値段が・・・。
マクロレンズは小さいお人形を作るうえでいつかは必要になるとは思っているのですが、マクロプラナーでAFがついているのであれば、使い勝手がよさそうです。
1眼レフにマクロプラナーが出ていたのですが、生産が終了してしまったので,がっかりしていたのですがトゥイートシリーズで出ていたのであれば、こちらのほうが使い勝手もよさそうです。
といっても生粋の標準レンズ好きのわたしが50mmを使うかが一番の問題ですが^^;
ちなみに、富士フィルムのカメラでは50mmは、1眼レフカメラに合わせると約1.4倍長くなります。
中望遠の種類に属する感じになるわけですね。
で、あれば中古市場からマクロプラナーを発掘するほうが使う確率は高いと思えるわけです。
一眼レフのレンズを特殊なマウントを使うことによって標準レンズとして今まで使ってきたわけなので、1眼レフのマクロプラナーには50mmのものがあるのでそちらをそのマウントを通せば標準のマクロレンズになるわけです。
まぁ、在庫次第とお値段次第といった感じですね^^;
といっても時間がたてばたつほど良い状態の中古がなくなっていくのも確かですが。
などと考えながら、新しい小さめのお人形のことを考えていたらふと思ったわけです。
オートフォーカスがマニュアルフォーカスかの差でしかないわけですが、一番はやはり標準レンズかどうかが一番使用率が高くなる要素だと思えます。
こういうことは考えているうちが楽しいわけで、買ってしまうと終わりなので、この楽しみを長く楽しんでおこうと思うこの頃でした。
ちなみに、今日は狭心症の発作が起きてダウン気味です。
正しくは服用するニトロの副作用でダウンなのですが^^;
頭痛がひとくて仕方がありません。
腰部分のモールドは明日に変更して安静にしています^^;

PageTop

X-A2の後継機でなかった。

写真ないです。

現在お洋服を製作中です。
製作途中の写真をとってもな~ということで放置してました^^;
まぁ、最近は体調も落ち着いてきた?感じです。
悪いときは悪いですが^^;
で、X-A2の後継機がカメラ雑誌の今月号にあわせて出ると思ったのですが、出ませんでした~。
生産終了なんですけどね~。
後継機でないのでしょうか?
このままでないとなるとX-T10がエントリーモデルになるということでしょうか?
多分それはないと思いますが、今現在デジタルスプリット機能が使えて安いモデルがX-T10しかないのですが、機体としてはミドルクラスになるのです。
ミドルクラスをエントリーモデルに位置づける気なんでしょうか?
よくわかりません。
来月のカメラ雑誌の販売日までには発表があるのかな~と思いつつX-T10でもいいかなも~と思っていたりします。
ただ、性能のいいビューファインダーがいまいち見づらいのですよね。
お店で防犯用のひもにがんじがらめだから見づらかったのでしょうか?
もう一度実機を触ってから決めたいものです。
ビューファインダーが使いきれないとどうにも損した気分になるのですが・・・。
いまはX-M1にルーペをつけてでかでかと見えているので司会良好なのですが、多分X-T10を買っても同じようにしそうです。
そうなるとビューファインダーの意味がなくなります^^;
X-A2の後継機が出てスプリットイメージが実装されるのが一番の解決法なのですが世の中そううまくいきません。
富士フィルムさんにこの気持ちが届いてくれるとうれしいものです。

PageTop

新しいカメラがほしいな~。

写真ないです。

最近、カメラが異様にほしくなっている感じです。
元々、持っているのですが、今使っているツアイスのレンズをもっと有効活用したいと思ってのほしがりです。
今メインに使っているカメラは富士フィルムのX-M1です。
わたしのツアイスのレンズはマニュアルフォーカスなのでピントの合わせやすいものをという選択でこのカメラを使っています。
ピーキング機能というものを搭載していて、ピントの合っているところは誇張されるようになっているのですが、レンズのF値を最大にするとピントのずれが起こります。
三脚を使えばある程度は防げるのですが、手持ちだとなかなかです。
F1.4を有効に使いたいので、もっとピントのわかりやすいものはないかなと思っていて、同じ富士フィルムから出たX-T10が持っているデジタルスプリット機能がピントを合わせやすいことを発見したので、このカメラがほしいのですが、できたらX-M1の形のもので新製品が出ないかなと思ってまっています。
X-M1の形と同じものの現行品はX-A2です。
この機種が生産完了になったので、もうそろそろ新しいものが出るのではと思ってまっているしだいです。
で、その機種にデジタルスプリット機能が搭載されていたら買いだと思っています。
ちなみになんでX-T10を買わないのかといえば、ビューファインダーというものがあるのですが、めがねをかけているわたしとしては、極めて使いにくいのです。
まぁ、めがねが邪魔でファインダーまでに距離ができて、非常に見ずらいという理由ですが。
なので性能がいいビューファインダーはあっても意味がないので、なくていいやと思っているわけです。
チルド式のディスプレイがあればデジタルスプリット機能が十分発揮できるとわかっているので、X-M1またはX-A2の次の機体が出てくれればいいわけです。
安いですし・・・。
ビューファインダーの分だけ高いわけですね。
でも、X-M1またはX-A2の次の機体にデジタルスプリット機能搭載されていなかったらX-T10を買うしかないわけですが^^;
とりあえず、富士フィルムにメールをしたりしてそうなってほしいな~ということを伝えているのでなってくれるとうれしい次第です。
返事ないですが・・・・;;
裏を返せば、返事がないということはX-M1またはX-A2の後継機が出るとも取れるのでそのことに期待という感じです。
ちなみにツアイスのレンズはもともとフルサイズのレンズなのでX-M1で使うとF値が一絞り分暗くなるのですが、スピードブースターを挟んでいるのでこれがあると一絞り分明るくなるのです。
つまるところF1.4で使えちゃうわけです。
ただ、いまのピーキング機能でのピンとあわせだとがっちりとピントが合わせられないのでF2.8ぐらいからしか使っていないのです。
レンズの機能をフルで使いたいので新機種早くでないかな~と思っている感じです。
正しくはカタログですが。
デジタルスプリット機能が搭載されたX-M1またはX-A2の後継機が出てくれるといいなと思っている感じです。

PageTop

X-M2じゃなくX-A2がでるみたい。

写真ないです。

X-M1の生産終了が報じられて1ヶ月、M1かA1の後継機が出ると思っていましたが、出たのはX-A2でした。
違いといえば、センサーの違い。
M1は富士フィルム独自の方式であるX-Trans CMOSセンサーであるのに対して、X-A2は通常のCMOSセンサーです。
細かい違いは富士フィルムのHPで比べてもらうにして、ちょっとがっかりでした。
ただ、X-M1が出て1ヶ月ほどしたらX-A1がでたので、今回はこの逆なのかなとも思えてきます。
まぁ、もともとがフィルムメーカーなので画像の発色は良いほうです。
わたしの好きなモードのベルビアフィルムのシミュレーターは、おお!ベルビアの青だ!と思ったので、そこらへんはメーカーさんのがんばりなんだと思います。
ちなみにX-M1、X-A1ともあまり売れていなかったようなので、ローエンドも出るの統一ということでX-A2にまとめられちゃったのかもしれませんが^^;
おおきな違いといえばCMOSセンサーの方式でX-M1は上位機種と一緒だったのですが、売れないのであればコストがかからないX-A1のCMOSセンサーを発展させたほうが初心者向けには良いのかもしれません。
高級機にはならないので。
販売な今月の26日。
もう1ヶ月待って、X-M2の情報が出ないのであれば、統一されちゃいましたという感じでしょうか^^;
発色にこだわりがあるほうなのでCMOSセンサーの方式にはどちらでもいいのですが、最初にX-M1を買った身としては残念な感じです。
ですが、ベルベットモードの発色はX-M1との差は感じられなかったので、ある意味わたし的にはお買い得なのかもしれません。
まずは、販売されて1ヶ月待ってからいろいろと情報が出てから手を出すのもいいかもしれません。
わたしの場合、レンズはカールツァイスなのでどっちにしてもAFは関係ないので。
AF用にはオリンパスのペンシリーズを使っているので、富士フィルムのレンズは1本しか持っていません。
しかも使ったことがない・・・。
あとはマニュアルフォーカスでX-M1にあったピーキング機能がついていたら特に問題はなしなので。
色の発色も良いので、その部分も大丈夫そうなので、後は出てから1度触ってみてp-キング機能がアルがどうかを調べたら、といった感じでしょうか?
あと、とりあえず1ヶ月ほど待ってX-M2が出ないのであれば買っちゃうかもしれません。
ボディー色も好みのホワイトがあるのでそれも興味深いです。
販売まで時間はあるので、いろいろ調べてみようと思います。

PageTop

X-M1生産終了。

写真ないです。

今わたしの良く使うカメラはX-M1。
良いところといえば、JPEGの画像がすごくきれいで使えるということ。
あと、昔はフィルムカメラを使っていたのですが、富士フィルムのベルビア(リバーサルフィルム)がお気に入りで、そのシミュレーションができるということも大きいです。
パソコンのディスプレイで見たときにベルビアだ!と思ったものです。
なので、生産が終了はさびしいものです。
X-M1はエントリー機だと思うのですが、センサーなどは上位機種と一緒です。
ファインダーがないぐらいで軽くて使いやすいのです。
マニュアルでもピントが格段にあわせやすいこともすぐれていると思います。
できたら後継機が出てほしいものです。
そして、使うレンズは、コシナカールツァイスです。
それにマウントにスピードブースターを使っています。
基本的にはプラナー派なので、こちらの50mmと85mmを使うことが多いです。
絞りはF1.4です。
スピードブースターを使うと1絞り明るくなるので、調べるとF1のようです。
こうかくに35mmのディスタゴンを1本持っています。
こちらもF1.4です。
なので開放にするとF1になっているようです。
スピードブースターはメタボーンという会社が出しているマウントでつけると光を収縮して1絞り分明るくするようです。
特に目立った癖もないので、ツアイスらしさにはあまり影響はないようです。
わたしの中では一番理想的な組み合わせになっています。
もともと今タックス時代からツァイスのレンズに魅了されていたのでこれが使える機種がほしかったので。
しかもフィルムの再現はベルビア。
もう完璧です。
なので、X-M1が生産終了はさびしいです。
富士フィルムの独自のセンサーで一番安い機種だったので。
どうも販売実績はあまりよろしくなかったようだったので、それで終了なのかもしれませんが^^;
できることならばX-M2を出してもらいたいところです。
レンズはそのままなので本体だけ買い換えればいいわけですが、自慢ではないですが今まで使ったカメラは下取りしたことはありません^^;
たまる一方です^^;
ちなみにX-M1が出るまではオリンパスを使っていました。
ペンですね。
ペンは結婚式ぐらいしか出番がありませんが、ズームレンズがそれっていなかったので苦労しました。
なので、ダブルレンズキッドを買っています。
単焦点のすべてパナソニックですが^^;
1本だけオリンパスですね。
45mm。
使う機会はほぼありませんが^^;
富士フィルムの今後のエントリー機が出てきてほしい今日この頃です。
X-M2でないかな~。

PageTop