くろプラ日記

お洋服疲れます。

写真ないです。

だってツイッターに載ってるから。
で、わたしはお裁縫がとてもとても苦手です。
なのでお洋服を作ることは苦痛で仕方がないのです。
わたしうつひどくなっちゃうね、ぐらい苦手です。
で、委託先を探してたりするわけですが、金欠なわたしにはとてもとても高いのです。
なので頑張って作るのですが、やっぱりかわいいお洋服がいいじゃないですか。
でも、お人形より高くついちゃうのもどうしたものかと考えてしまうわけです。
お人形作家はお洋服も作りもうまくなくてはなりません。
で、考えたのが、要はわたしが作るお人形は幼児体系なのだからそのまま大きくしてしまえば万事解決と思ったわけです。
子供服、女の子のお洋服はかわいいですよね。
これだ~と思ったのですがお値段が・・・。
政府のインフレ計画が成功してるのが高~い;;
何か良い方法ありませんか;;
で、お洋服を見直してみると、わたしってめんどくさいものを選んでる傾向があります。
襟付きだったり、技術的に面倒な服選んでいました。
そうだ、ドレスにしよう、これからはと思いました。
なんでこんな簡単なことに気が付かなかったのか。
たぶん、わたしの中の住人はドレスで生活してないのです。
もっとクラシカルに生活を送っていただければわたしの苦労も半減すると思うのです。
まぁ。ドレスにはドレスの難しさがあると思うのですが・・・・。
裸でいいじゃんとも思うのですが、それは世間が許してくれません。
お人形は造形が重要なんだもんと言いたいのですが。
それは世間様がお許しにならないのです。
まぁ、最初から裸で行けるお人形を作ればいいのですが、いかんせんわたしの脳みそはそういう構造になっていません。
なのでお洋服を作ります。
売れっ子になったら委託してやるという野望抱きつつ、愚痴は終了です。
頑張って作らなきゃ^^;

PageTop

石黒教授のお話を聞いて。

写真ないです。

BSで石黒教授の番組があると知り、拝見しました。
なるほどと思いました。
アンドロイドはある意味理想化された人間像?かもしれないと思います。
ただ、まだ谷は超えてないな~というのも意見としてわたしはあります。
谷の記事は前にしたのでここではあまり触れませんが、その谷を越えた時、アンドロイドは人間になる?と思います。
コンピューターの発展はすさまじくいつかは人間を超える日が来るでしょう。
すぐれたAI(人工知能)ができて自分で成長を始めた時、その時は新しい世界が始まると思います。
人間がどのように淘汰されるかはわかりませんが、できることならば自然消滅がいいな~と思ったりもしました。
今のところその傾向はないので安心といえば安心(人間側から見て)でしょう。
で、わたしは人形作家なのでアンドロイド万歳でもないのです。
お人形には中身がないのでその中身をロボット開発の技術を取り入れたいのです。
実質、人間がいなければアンドロイドである必要はないのです。
ロボットととして生きていくということでもいいかもしれません。
いきているという概念もなくなるのかもしれません。
修理を繰り返せば永遠と生きていけるわけですから。
ならば、わたしの好きな形で残ってほしいな~というのがわたしの考えです。
自分の作った作品が動いて話して生きていてくれたら?それは作家個人の自己満足ですが、非常にうれしいことです。
今の現状では個人でしかできないのでがっかりさんですが、石黒教授のラボに入れたら作らしてもらえるのかしら?
考えるだけでワクワクします。
石黒教授についていろいろググっている時期もありましたがあの時は自分では無理だな~と思っていました。
しかし、そのようなサービスができるなら利用してみたいなとも思います。
わたしはどちらかといえばアンドロイド肯定派なので。
人類がゆっくりと死滅していくのであればアンドロイドにも人権は与えられるものだと思います。
後は心のありようでしょうか?
AIに心はあるのかといわれれば?です。
わたしはプログラムを書いていた時期があるので心はないな、このプログラムにはという考え方がありますが、AI技術はわたしの許容範囲外なのではっきり言って予測できません。
チェスや将棋のAIにはまだ心はないかなと思いますが、会話をしだしたらちょっとわかりません。
それが周りの環境や自分のことをしゃべるようになったとき、もしかしたらそこには心が発生しているのかもしれません。
そうなったときはAIは心センサーと呼ばれるようになるんでしょうかね?
心の解明は人間の脳を解明したらわかるのかな?と安直に考えてしまいます。
でももし、そのまま人間の脳を解読したら、いろいろな思考を持ったアンドロイドができるのかもしれません。
そうなると人間と変わりがないなと思えてきます。
そうなれば犯罪も起こるだろうし、貧富の差も出てくることでしょう。
できることならば、アンドロイドには人間の良い面が色濃く出てくれるとこの地球にやさしいかもしれませんね。
ずらずらっと書きましたが、いつか自分の作品に命が宿ることを祈りつつ、終了とさせていただきます。
そうなったらいいな~生きている間に。

PageTop

お人形事情。

写真ないです。

日曜日にふと気になったことがあったのですが、他の生徒さんもいらしたので、あとでメールで聞いてみました。
「お人形ってうれているのですか?」と。
1日たってからお返事が返ってきました。
用はビッグネームであれば売れることはあるが無名の新人でも極めて優れた作品を作る人は売れる、ということらしいです。
ふむ。
かんたんに言うと売れないよってことですね^^;
先生があえてわたしの作品に触れなかったことは置いといて、よほどの腕前でない限り、売れることはないでしょうということです。
まぁ、わたしがどのレベルにいるのかは不明ですがつまるところは持っている人が売れるということです。
わたしはどのレベルですか?と聞こうと思いましたがそれは先生にとって酷というもののように思えたので聞きませんでしたが、ある意味わたしにとって重大な結末であることを指しています。
造形には幾分かの自信はあるのですが、いかんせんファッションのセンスがない。
お人形は総合芸術だと思っているのでどれか1つでも劣っているとだめだとわたしは思っています。
裸でもいいジャン的な作家さんもいらっしゃいますがわたしのようなキャラが濃いとお洋服着させてあげないとかわいそうといわれるような人には酷というものです。
ここ重要です。
裸で許される造形とそうでない造形、この壁は結構高いものなのです。
まぁ、そのようなことあまり気にしてないような写真ばかりツイッターに上がっていますが、世間的には許されないものなのです。
そんなこと気にして芸術が語れるか~は捕まってしまいます^^:
まだそこまでは厳しくはないように思えますが、規制対象になりかねないものは芸術ではなくなってしまうのです。
さぁ、困った。
わたしの足りないものは目に見えてわかっているのですが、外注という手もありますがいかんせん、めちゃくちゃお高くなってしまうという落とし穴があるわけです。
巷ではファッショナブルなドールがわんさかいる中で、しかもお洋服専門の人までいる始末。
正直たち打ちできません。
考えられることは、
①洋服頑張る!
②シンプルにする!
③着せない^^;
あなたならどうしますか?

PageTop

ピクシブプレミアム。

写真ないです。

久し振りにピクシブをいじっていたら知らない間にプレミアム会員になってました?
あれ~?と思ってカード見たら先払いかよ!
よくよくこのプレミアム会員の事を調べているとどうもアイテムを10%引きで制作できるらしい。
と、言ってもイラストはもう6年は書いてない状態。
今更かけるのか?
でも、お人形を使ってイラストを描くという方法もあるわけです。
箱庭のようなものを作ってそれをバックにお人形を撮る。
あっという間に絵の完成・・・。
ならいいのですが、世の中はそれほど甘くないので、何とか活用法を考えることにしました。
頭1つで考えても仕方がないので・・・・と思ったけど、お友達がいない!
八方ふさがりじゃないですか。
解約しようにも、仕方がわからない。
分かりにくくなってるようで探すのに疲れました。
やはりカメラを使ってよい方法を。
よくよくがんが得てみたらわたしはお人形が作れる。
どこかで聞いた言葉だが、絵画は偽物だが彫刻は本物だ、と。
ミケランジェロあたりが言っていたように記憶しています。
良いモデルがいるじゃないですか!
後は構成力で・・・・。
その構成力に難ありなのです。
すぐれたマネージャサンでもいたら話は別ですが、わたしに助言をしてくれる人はいません^^;
ピンチです。
尽き510円を無駄にしないように何か良い方法を考えなくては。
でも、缶バッチが作れたりするのは魅力があります。
そういえば、母がお花の先生だったようなので?聞いてみるのも悪くないかもしれません。
解約方法を見つけるのが先か、お花の手ほどきを受けるのが先か。
選択権はほかにないのかな?
一人だとどうにもなりませんです^^;

PageTop

お人形の完成に向けて。

写真ないです。
ツイッターで見てください^^;
あちらに載せているので^^;

で、ある程度まで形ができると(まだ洋服があるので先ですが)販売について考えるものです。
といっても今まで売れた実績がないので何とも言えないのですが、今回はミンネではなく、ヤフオクで売ってみようと思います。
ただどこまでラインなのかがよくわからないので、おねむさんで挑戦です。
1つは資金の問題。
おねむさんは目玉を使っていないので1万円ほど安く作れるということ。
やはり良いグラスアイを使うと表情が違うという点もあるわけですが、今回はおねむさんなので、完全にわたしの力量になるわけです。
ヤフオクで販売するのは、「わたしの力量はおいくら?」がはっきり出るわけです。
後は原価から考えてどのぐらいの金額が妥当かを判断して決まった金額は3万円です。
全長が40cmの子が3万円は安いように感じますが、ビスクだとそこが可能なわけです。
まぁ、中身空っぽですから^^;
今回はグラスアイも使っていないのでいいかな~と思っています。
といってもお洋服がまだなので当分先ですが^^;
まぁ、日曜日になって教室に行って組み上げたら現実味は一気に加速すると思います。
ちなみにこの3万円という金額、ヤフオクの創作人形だと割かし多いようです。
たぶん基準にして大丈夫だと思います。
原価から考えると3万円は割合きついですが頑張って競り合って高くなってほしいものです。
お願いします。
今回は上絵の具の感じをつかむため結構陶芸窯フル稼働だったので。
小さい窯だと電気代も安いのですが、わたしのものは割かし大きいので、その分数はまとめて作れるわけですが。
パーツ1つだけ焼くのは結構もったいないわけです。
そのようなわけで今回の1体目は割かしギリギリな感じです。
売れなかったら悲惨ですね^^;
ミンネの実績もあるのでそこが一番怖いところです。
先生が言うには技術はプロに達しているよ~だそうですが、わたし的には売れて初めてプロだと思うので今回のヤフオクは勝負なわけです。
1人でも買ってくださる方がいれば満足といえば満足なのです。
その方はプロの作品として認めてくれたとわたしなりにはそう思いたいので。
お洋服頑張って作らないと。
お洋服出来る限り頑張るのでどうか買ってやってください。
出品はまだ先ですがよろしくお願いいたします。

PageTop