くろプラ日記

お洋服事情。

写真ないです。

お洋服を製作することが嫌いなわたしに天の声が・・・。
お洋服に合わせてお人形を作ればいいじゃん。
なるほど、1理ありです。
しかしどうでしょう。
石粉粘土なら割とうまくいくのですが、ビスクとなるとお話は非常に難しくなります。
なぜなら、ビスクは焼くと縮むからです。
シーリー社の泥漿はロットによりばらつきがあるようです。
微妙ですが。
ならば日本の泥漿を使うという手もあります。
ネコシリーズに使っていた泥漿。
さすがに日本のメーカーなのでロット差はないに等しいです。
しいて言うならば瀬戸磁器なので、ビスクのような滑らかさはないです。
釉をかけることによってあの透明感が出るのです。
まぁ、それは良しとしましょう。
やはり気になるのは縮み具合です。
原型から2割ほど縮みます。
それを計算して原型を作らないといけません。
スタンダードSDは身長57cmです。
公式に発表されているのでこちらのSDで話を進めます。
方法としては公式サイズより細めに作ればいい感じになるのですが、かっこいい言い方をすれば焼き物は生き物です。
何度も失敗しながら作るしかないのです。
それでも頑張って作れば、そこには夢のお洋服軍団が待っているのです。
さぁ、どうする?
原型で1年棒にふる?
悩みどころです。
悩みます。
ものすごく悩みます。
どうしよう。
そもそも版権的にどうなのでしょう?
公式サイズでなければ大目に見てくれるのでしょうか?
そこが問題です。
たぶん引っ掛かります。
間違いなく。
作るも地獄、作らぬも地獄。
でもビスクで成功させたら喝采もんでしょう。
う~む。
むずかしい。

PageTop

お洋服疲れます。

写真ないです。

だってツイッターに載ってるから。
で、わたしはお裁縫がとてもとても苦手です。
なのでお洋服を作ることは苦痛で仕方がないのです。
わたしうつひどくなっちゃうね、ぐらい苦手です。
で、委託先を探してたりするわけですが、金欠なわたしにはとてもとても高いのです。
なので頑張って作るのですが、やっぱりかわいいお洋服がいいじゃないですか。
でも、お人形より高くついちゃうのもどうしたものかと考えてしまうわけです。
お人形作家はお洋服も作りもうまくなくてはなりません。
で、考えたのが、要はわたしが作るお人形は幼児体系なのだからそのまま大きくしてしまえば万事解決と思ったわけです。
子供服、女の子のお洋服はかわいいですよね。
これだ~と思ったのですがお値段が・・・。
政府のインフレ計画が成功してるのが高~い;;
何か良い方法ありませんか;;
で、お洋服を見直してみると、わたしってめんどくさいものを選んでる傾向があります。
襟付きだったり、技術的に面倒な服選んでいました。
そうだ、ドレスにしよう、これからはと思いました。
なんでこんな簡単なことに気が付かなかったのか。
たぶん、わたしの中の住人はドレスで生活してないのです。
もっとクラシカルに生活を送っていただければわたしの苦労も半減すると思うのです。
まぁ。ドレスにはドレスの難しさがあると思うのですが・・・・。
裸でいいじゃんとも思うのですが、それは世間が許してくれません。
お人形は造形が重要なんだもんと言いたいのですが。
それは世間様がお許しにならないのです。
まぁ、最初から裸で行けるお人形を作ればいいのですが、いかんせんわたしの脳みそはそういう構造になっていません。
なのでお洋服を作ります。
売れっ子になったら委託してやるという野望抱きつつ、愚痴は終了です。
頑張って作らなきゃ^^;

PageTop

ミシン直しました。

写真ないです。

ミシンを自力で直しました。
ヒントになったのはジャノメのサービスセンターの女性の「タイミングがずれてる」で、針とボビン近辺を開いて実験しながら直しました。
機械式のミシンだったので直せたのだと思います。
かんたんに言うと、手で動かしてみて丁度いい塩梅になったところで固定することにより糸のひっかっかりを直しました。
考えてみるとずれた部品を定位置に直す方法でよかったわけです。
20年前以上使っているので愛着もあるし、新しい安いミシンはどうにも納得できなかったので、イチかバチかで、やってみたら直りました。
昔機械工場で働いたことのある知識が役に立ちました。
そう考えてみると、今まで仕事をして一番役に立ってない仕事はないです。
バーテンの仕事は作り笑いができるようになったし、機械工場はこういったことを怖がらずにできること、プログラマーはHP作るのに役立ちました。
これからも役に立って行ってくれることでしょう。
ただ、作り笑いは問題があって、疲れていても他人からわからないということ。
これがうつの原因ではないのかと思われます。
仕事回されまくりましたので。
その部署がブラックだったということもあるけど、これは直したいですね。
ちょっとしたことですが、ミシンの調子がいいのがよいですね^^
壊す前よりもいい感じに動いています。
メンテナンスは重要だということでしょう。
今日は1日それでつぶしてしまいましたが気分はいいです^^
うつ気味に偏っていたのですが元気になりました。
環境や出来事でうつが左右されるのには大分問題ありですが、今日は良い結果で満足です。
待ち針もできるだけ細いものに変更しました。
後は気をつけて待ち針にぶつけないように縫うようにするだけです。
思いっきり運なのですが細くしたことで機械に与えるダメージを減らすことをもくろみました。
何はともあれ、動くようになって一安心です。
当時10万で勝ったのですから、頑張ってもらわないと。
わたしも頑張らないとだめですね^^;

PageTop

ミシン壊れた。

写真ないです。

20年以上使っていたミシンが壊れました;;
20年来の親友を失った気分です。
まぁ、そこまで使い込んでいませんがお人形のお洋服を作るときはいつもこのミシンだったのです。
ショックでちょっぴりうつ気味です^^;
わたしの年代だと学校でちょびっと触ったぐらいだったので、ほぼ手探りで使っていました。
なんだかんだで使えるようになったわけですが、まさか壊れてしまうなんて;;
とても悲しいのでうつ発症です^^;
そうさせないために一瞬元気になる処方箋を飲んで立ち直りを計ろうとしています。
ただ、20年使っても使うのは直線縫い、ジグザク縫いぐらいでしたが^^;
使い慣れたものが壊れると新しいものに慣れるのに時間がかかります。
コンピューターミシンってなんじゃいッて感じです。
今度買おうと思っているものがそうなのですが、ミシンのどこら辺にコンピューターが必要なのでしょうか?
今はやりの対話式ですか?
そんなことはないと思うけど、なんに使うんだろうか、コンピューター?
謎が謎を呼ぶものです。
まぁ、深く考えてもしょうがないので、決めた理由はふっとコントローラー付属とお値段でした。
ヨドバシの評価も高かったので決めたわけですが、1つ問題が。
そうわたしは障がい者年金自給者なのです。
なので次の年金は8月・・・・。
そこまでお人形制作はストップになってしまいます。
そこで、石粉粘土のお人形制作用に芯の制作をしようと思います。
そして、サイズは60cm級。
このサイズが一番慣れているのでその芯をせいさくしようとおもっています。
たぶん時間が残ると思うので40cm級も準備しようと思っています。
いつか教室を開くときに先生曰く「初心者には40cm級が作りやすい」と聞いたので、それ用もかねてです。
後、ビスクにするときも簡単ですしね^^
で、早速準備に取り掛かっています。
まぁ、短時間しか行動できないので時間は大事にしないとね。
うつ病いつも足引っ張る。
たぶん教室も治ったらかな~。
20年以上うつしてると治る気がしないんですけど^^;
何とかならないものですかね~全く。

PageTop

石黒教授のお話を聞いて。

写真ないです。

BSで石黒教授の番組があると知り、拝見しました。
なるほどと思いました。
アンドロイドはある意味理想化された人間像?かもしれないと思います。
ただ、まだ谷は超えてないな~というのも意見としてわたしはあります。
谷の記事は前にしたのでここではあまり触れませんが、その谷を越えた時、アンドロイドは人間になる?と思います。
コンピューターの発展はすさまじくいつかは人間を超える日が来るでしょう。
すぐれたAI(人工知能)ができて自分で成長を始めた時、その時は新しい世界が始まると思います。
人間がどのように淘汰されるかはわかりませんが、できることならば自然消滅がいいな~と思ったりもしました。
今のところその傾向はないので安心といえば安心(人間側から見て)でしょう。
で、わたしは人形作家なのでアンドロイド万歳でもないのです。
お人形には中身がないのでその中身をロボット開発の技術を取り入れたいのです。
実質、人間がいなければアンドロイドである必要はないのです。
ロボットととして生きていくということでもいいかもしれません。
いきているという概念もなくなるのかもしれません。
修理を繰り返せば永遠と生きていけるわけですから。
ならば、わたしの好きな形で残ってほしいな~というのがわたしの考えです。
自分の作った作品が動いて話して生きていてくれたら?それは作家個人の自己満足ですが、非常にうれしいことです。
今の現状では個人でしかできないのでがっかりさんですが、石黒教授のラボに入れたら作らしてもらえるのかしら?
考えるだけでワクワクします。
石黒教授についていろいろググっている時期もありましたがあの時は自分では無理だな~と思っていました。
しかし、そのようなサービスができるなら利用してみたいなとも思います。
わたしはどちらかといえばアンドロイド肯定派なので。
人類がゆっくりと死滅していくのであればアンドロイドにも人権は与えられるものだと思います。
後は心のありようでしょうか?
AIに心はあるのかといわれれば?です。
わたしはプログラムを書いていた時期があるので心はないな、このプログラムにはという考え方がありますが、AI技術はわたしの許容範囲外なのではっきり言って予測できません。
チェスや将棋のAIにはまだ心はないかなと思いますが、会話をしだしたらちょっとわかりません。
それが周りの環境や自分のことをしゃべるようになったとき、もしかしたらそこには心が発生しているのかもしれません。
そうなったときはAIは心センサーと呼ばれるようになるんでしょうかね?
心の解明は人間の脳を解明したらわかるのかな?と安直に考えてしまいます。
でももし、そのまま人間の脳を解読したら、いろいろな思考を持ったアンドロイドができるのかもしれません。
そうなると人間と変わりがないなと思えてきます。
そうなれば犯罪も起こるだろうし、貧富の差も出てくることでしょう。
できることならば、アンドロイドには人間の良い面が色濃く出てくれるとこの地球にやさしいかもしれませんね。
ずらずらっと書きましたが、いつか自分の作品に命が宿ることを祈りつつ、終了とさせていただきます。
そうなったらいいな~生きている間に。

PageTop